ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.14

2020年ライブ初めは「C5-dips」で「ミドルな匂い vol.13」

 

 昨日はこのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所は大泉町文化むら。

足利からはわりと近い。

クルマで25分ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝9時集合。

まずは朝礼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなで会場を設営します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リハーサルは逆リハ、ワレワレの出番は午後7時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それと、受付当番があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、トップバッターの「金井純一 with T」の演奏を途中まで聴いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1時間の受付当番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏中の「P」氏の歌声がホールから漏れ聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、受付業務から解放され、再び会場へ。

一杯くらい、飲んじゃうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「G3・フォーカー」は高校時代からの友人同士3人組。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アリス、かぐや姫、バンバンなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはおなじみの「REAL」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの声はホントステキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ここから後半戦はロック色が強まります。

大好きな「Rusty Note」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンドと知り合いになったのはたしかこのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も一緒にマフラー、ぶん回しましたぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてが「Franky」。

元プロシンガーのボブさん中心のブルース&ロックンロールバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サスガの貫録です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「C5-dips」登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、諸般の事情でフルメンバーでの事前練習はゼロ。

当日リハも代理ドラマーでこなしたというありさま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも何とかできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場、よく見えなかったけど、

後方のお姉さん方はかなりノリノリで踊ってくれていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ギターは修理完了したばかりのレス・ポールStd.を使ってみましたが、

やはりこのギター、年寄りには重いなあ、肩こるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ミドルな匂いといいつつ、

もはや還暦。

成人式に対抗するミドルエイジのバンドフェスが、

年齢が、もはや新成人の3倍ぢゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、ワタシにとっては3度目の成人式のイベントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大トリは「はまばん」。

このイベントの常連、大御所のステージで、大団円となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また全員でお片付けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝から1日、お疲れ様でした。

来年もまた、出られるといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、2020年も音楽活動再開。

次は1月25日のガニメデにピンで出る予定です。

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.10

ミドルな匂いvol.13のお知らせ

 一昨年まで何回か出させていただいたこのイベント。

昨年は諸般の事情により、出演叶いませんでしたが、

また、今年「C5-dips」として出ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、成人式の裏イベント的に中年オヤジバンドが集う、

というのが、このイベントの趣旨でしたが、

ワタシ、昨年還暦を迎え、もはや「ミドルエイジ」ではない、

という状況になっておりますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そこは目をつぶって、是非とも皆さまにも足を運んでいただきたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、昨年まで行われていた太田市メイポールではなく、

大泉町の文化むら小ホールというところになります。

オーチャードホールの渋谷東急の文化村は知っていたが、

大泉町にもあるのか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの出番は、順当に行けば午後7時ころかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前売り1000円ですが、バンド名でお取り置きできますので、

もしご希望の方がいらっしゃいましたら、

病院受付で直接言っていただいても良いですし、お電話、メール、

フェイスブックなどのSNS、メッセンジャー等でもご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年のライブ初めになります。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

コメントはまだありません
2019.12.29

おぐじび忘年会2019

 いよいよ忘年会。

会場は今年もニューミヤコホテル様にお世話になりました。

忘年会目白押しですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレは3階です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつものように前原先生にPAをお願いしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて、ドラムを積んで榛東村から中沢先生が到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラムを搬入、セッティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6時を過ぎました。そろそろ始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年もお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日赤の佐々木先生がインフルエンザ疑いで欠席になったため、

乾杯の御発声を、急遽中沢先生にお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、開宴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場内のゲストを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、この足利のちに開業して早や25年。

その時にこの中で知ってる人は同級生で薬剤師の小峰くんだけだったわけで、

仕事や趣味を通じいろいろな人々とつながりを持つことになったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、余興の部。

まずは「コクレア」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 LINEでそろそろ練習しましょうと連絡したが

明日佳ちゃんから、全く返信が無く、

コイツどうした、と思っていたら、1週間スマホ故障で四苦八苦していたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てっきり電波の届かないところにでも行っちまったかと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、時間がとれず一回の合わせで、

しかも新曲もやりたいという彼女の希望で1曲追加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 練習不足は否めませんが、まあ、なんとか演奏できてよかった。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはグンマ・メディカル・フュージョン・カンパニー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はボーカルのチエちゃんが仕事で来られない、

とのことで、バンドの出演が危ぶまれましたが、

北朝鮮飯店のアヤちゃんが助っ人ボーカルを担当する、

という離れ技を使って、無事出演が叶いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば去年は、グンマ・メディカル・フュージョン・カンパニーの安藤先生が

北朝鮮飯店にゲストベーシストとして参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんを交えての練習はできなかったようですが、

サスガ巧いバンドは一発で合わせますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ほども書いたように、

今年、そんなわけで足利日赤耳鼻咽喉科の皆さんが不参加になり、

テーブルレイアウト、プログラムの調整にギリギリまでかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「北朝鮮飯店」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は6月の還暦パーティーでプレゼントされた、このギターを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この「還暦ヅラ」で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんは連続出場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなで、気分爽快、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ショーグン様の、ショーケン様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ケイコも歌います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンドももとは、忘年会余興バンドとしてスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メンバーもずいぶん変わりましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰でも入れる、音楽性をあまり追求しない、

が、バンドが存続している理由でしょうか。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、ステキな仲間たちと演奏ができて幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに来年の2月23日のライブ出演が決まっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 嘘から出た実ではないですが、結成当初は予想だにしなかったことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メンバーのうち今年4人が還暦、

+同じく還暦の中沢先生と、当院スタッフの良江さんをあわせて60×6。

めでたきかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、今年の忘年会も無事やり遂げることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもひとえに皆様方のおかげです。

ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、2次会へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度はカラオケで大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとお店に中学時代の同級生の石井士朗くんがいました。

コイツは柔道部、ワタシはサッカー部でしたが、

初めてギターを持ってフォーク・グループなるものを結成したのは

この男と2人でした。

女子にモテようというコンセプトは不成功に終わりましたが、

ワタシのバンド人生の始まりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暮れゆく2019年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、あと30日の診察を残すのみ。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.13

令和元年日赤耳鼻科忘年会

 毎年第2金曜日が恒例の日赤耳鼻咽喉科忘年会。

今年は第2週の木曜日開催でした。

カーネルおじさんのご挨拶で開幕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、去年のこの会、ご招待を受けていながら、

突然の発熱で、ドタキャンしてしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、体調「ほぼ」万全で、無事出席できました。

その節は、大変ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年から1次会2次会が連結され、

お食事はこの高級お弁当になりました。

たぶん、アルコールを飲まない方が多いので、その配慮でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレゼント大抽選会のあとは、

恒例の演芸大会。

ワタシ、審査委員長で、まずは昨年チャンピオンからの

チャンピオンベルト返還。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は8組の出し物が、その宴会芸を競いました。 

手品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コント。

元ネタがあるらしいが、若い人は分かるが、

ワタシや、部長先生はイマドキのお笑いは知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3席目、動画のセッティングに時間がかかります。

学会発表ならアウトです。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、オモシロかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部長自らもエントリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に「ジャイアント馬場」は若い人は知らないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも、幕間に歌わせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、相方のあすかちゃんにフラれてピンでした。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半戦。

これは、昔ながらの「身体をはった」芸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中に入ってるのは「虫」。

勝負に負けるとこれを「食らう」ことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良い子はマネしてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察室コントはある意味定番ですが、確実にウケをとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部長、再び登場、リアルな(?)「フェイク・ニュース」。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は昨年の覇者、STチームのコント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厳正な審査により、「フェイク・ニュース」が今年のチャンピオンに。

チャンピオン・ベルトの授与です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や、希少な「昭和スタイル」の忘年会。

今年もお世話になりました。

また、来年も元気に頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.06

12月7日夜はビートルズ・ナイト・スペシャル

 今週末12月7日土曜日はこのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年も出演させていただいた

「ビートルズナイト/ジョン・レノン追悼スペシャル」。

「C5-dips」おそらく年内ラストライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろな「ビートルズバンド」が出て楽しめるこのイベント。

前原先生の「BC Geatles」も出演。

ビートルズ・バンドでないワレワレがなぜかトリで、

出番は22:20ころからです。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.23

「北朝鮮飯店」IN 第二回昭和歌謡ヒットパレード

 2夜連続ライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は足利BBCで「北朝鮮飯店」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2回の昭和歌謡ヒットパレード。

最初は「モッキンバード」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤスさんとあっちゃんによるユニットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、ヤスさんのソロも。

実はこの間、あっちゃんはお色直し中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その、衣装替えアンコールは、まさかのキャンディーズで大ウケでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてお次は「Music Board」。

2週連続の対バンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 安定のギターと歌声。 

癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、初めて見ます「Studio Progress」。

ベテラン、手練れのバンド、という雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いちご白書をもういちど」を歌う彼は、バンバンに似ている?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、司会の方のご紹介を受けまして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰ってまいりました「北朝鮮飯店」。

オープニングは「心の旅」。

結成当初はレパートリーがこの1曲のみで、

ライブではこれを3回演奏した。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「モモエちゃん」(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ひと夏の経験」。

今回、この曲が最も演りたかった。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いても新曲「ひなげしの花」。

アヤちゃんは、このために白のハイソックスを購入。

¥280。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アグネス・チャンは北朝鮮から来ました。(?_?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「真夏の出来事」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新御三家から西城秀樹を歌ってもらおうと思ったが、

ショーグン様に拒否され「青いリンゴ/野口五郎」を選曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半戦は奥村チヨ「恋の奴隷」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ここから森高千里シリーズで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ被ると暑いし、音が聴こえない。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、お客さんに喜んでいただければ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 被った甲斐があるというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして森高第2弾は「わたしがオバさんになっても」改め

「わたしたちはオバさんになったが」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オバさんはエライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後に「テリヤキバーガー/森高千里」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックもヘチマも関係ないわよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アリガトウのアンコールは「キムといつまでも」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間も書きましたが、このインチキバンドが良くここまで続いてるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数多くの脱北者と新たな拉致を繰り返しながら、

もうすぐ結成9年目に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、最後はそんなインチキバンドとは対照的な超マジメバンド。

サザンオールスターズ・トリビュートバンド「サザナミオールスターズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダンサー2人、男女のコーラスやサックス、コンガも揃えて、

サザンのライブを完全再現。

その再現度がハンパない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特にダンサー2人は2回も衣装を交換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その艶やかさに、ボーカルよりそっちについ目が行ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッチリまとまった一部のスキもない「ショー」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は二次会。

階上のOld BBC Clubで。

エミちゃんが遊びに来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくなので、セッションなどもしちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酔っ払いオヤジ三人衆。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、疲れたわー。

 

 

コメントはまだありません
2019.09.22

「どこもかしこも」の前後

 日付はやや遡りますが、

先週の連休の日曜日、「どこもかしこも」に出演しましたが、

その前後はいずれも友人のライブに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは土曜日。

場所は「ガニメデ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前原先生のフュージョンバンドとアヤちゃんが出るというので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは「ミキバンド」。

正確には「マゾヒスティック・ミキ・バンド」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのバンドが音楽的には今夜のツボです。(^^;)

BBA、ジャニス、良かったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてソロの福田克也氏。

どことなく宇崎竜童さんみたいだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、前原先生のフュージョンバンド「FUSE BOX 2」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キーボード、ドラム、サックスはいずれも20代の若者。

しかも、皆、テクニックが抜群。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はアヤちゃん。

もちろん、もれなくシンちゃんがついています。

そして今回は管も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤナギーもゲスト参加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、深夜まで音楽を楽しみ、

帰ってカップヌードル食べて、翌朝は、高崎「どこもかしこも」。

令和記念パッケージだが、中身はフツーのカップヌードル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして日曜日の「どこもかしこも」に出演したあと、

月曜日、敬老の日は再び高崎へ。

山本さんと両毛線で待ち合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 友人ちょばーん氏がお出迎え。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はこういうイベントでして、

高橋マサミさんのバースデーをかねたツーマンライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょばーんさんとツーショット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに受付のさっちゃんとも。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは「OUT-AGE」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、カッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半は「ONE ARM MUSIC ORCHESTRA」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 脳卒中で片麻痺になった2人による、

片腕のギタリストと、片腕、片足のドラマーによるユニット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この2人のテクニックが超絶過ぎてヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は2バンドのコラボになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳と心に栄養をいただいた素晴らしいコンサートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 音楽はパワーを与えてくれますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満員のお客さんも同じ思いだったと思います。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.17

ストリートライブin高崎「どこもかしこも」に初出演。(後篇)

 前篇からの続きです。

 

 

 

ワレワレが演奏するのは、あそこにみえるF会場。

黄色いパーキングの看板のところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレの前は、5月にご一緒した「ペパーミント55」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はダンサーが7人、前で踊ります。

めっちゃ、ストリート感出ますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずのノリノリの演奏とともに、会場を盛り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、駐車場なので、時々クルマの出入りが。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そろそろ行きますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの会場、ドラムまで持ち込み、なのですが、

前もって「ペパーミント55」と交渉し、

そのままドラムを使わせていただくことにしました。

黛さん、アリガトウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじまりました、ストリートライブ。

「撤去」はしませんが「ロックします」よー。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街中の一角なので、解放感はないが、

これはこれでまた味わい深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、お客さんは「総立ち」。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高崎、スゴイぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

還暦ライブ以降、「C5-dips」初ライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気も良くてヨカッタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、暑さとビールのためか若干脱水気味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプのあと、右ふくらはぎがつりそうになりアセッタ。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、来年も出たいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援にに来てくれた敷島放送時代の仲間もありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利に戻るころは西の空のかすかな夕焼けの名残りが

浅間山のシルエットを浮きだたせていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.16

ストリートライブin高崎「どこもかしこも」に初出演。(前篇)

 朝9時半に家を出る。

今日は、東京オリンピックのマラソンの代表が決まるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、かつて代表選考でいろいろもめたからなあ、

最初からこの一発選考にしときゃ良かったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、マラソンも好天に恵まれましたが、こっちも好天。

高崎到着。

かなり暑いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは街中を下見。

なるほどこんな感じで数十メートルおきに店先やコーナーにライブスポットが点在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここはG会場。

11時スタートはおなじみ「Music Board」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご覧の通り、タワーパーキングの前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初秋の空に歌声が響いて、イイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真撮ると、ヒトんちの駐車場の前みたいだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステキな演奏でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さ、そこから、角を曲がったところがHスポット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 対バンでお友達になった「ミハ風呂」さんこと「オオタミハル」さんのステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時折クルマや人が通るのも、ストリートライブならでは。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ワタシ、ライブでは緊張するタチなんです。」というMCのあと、

歌に入ったら、いきなりガブリ寄りするオフィシャル。(≧▽≦)

中島みゆきなどの弾き語りも良かったけど、最後の「オネスティ」良かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、駅の方に移動。

ライブスポットは市内にA~ Vまで22か所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 企画運営の方のご尽力にアタマ下がりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅前のB会場では、「ONE ARM MUSIC ORCHESTRA」。

脳血管障害で片麻痺になった2人による、片腕の演奏!

ドラムのマサミさんとはこの間、「コキメタル」で一緒に演奏しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントに片麻痺なのか、という超絶演奏でした。

しかも、たった2人で。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 OPA前のA会場。

ここがおそらく一等地。

演奏していたのはゲスト出演のプロのフュージョンバンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そのOPAで、昼メシを食います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、暑いので(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気合入れていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりアツイとビールが美味い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 肉も食って、スタミナをつけましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いざ、出陣。

 

 後篇に続く。

 

 

1件のコメント
2019.09.12

ストリートライブin高崎「どこもかしこも」に出演します。

7月6日の北朝鮮飯店ライブ以降、C5-dipsもともに全くライブが無く、

それに伴いスタ練もなく、

ボーっと生きてきた7,8月でしたが、

ここにきて、ライブが何本か入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、9月15日(日)。

この日は高崎市の「どこもかしこも」というイベントに出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年出た仙台の「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」

みたいな感じだと思うんですけど、

高崎市内の各所にライブスポットが設けられストリートパフォーマンスを行うという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレはF会場で15時から。

細かいのでこちらのリンクからご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストリートなのでもちろん無料です。

天気も大丈夫そうですが、暑いかな?

ほかにもいろいろなバンドやパフォーマンスを

見て歩けるので楽しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その翌週もライブあります。

詳細は次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ