ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.05

第104回足利花火大会。

8月4日は第104回足利花火大会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も岩谷家、川島家、前原家と一緒に観覧。

まずは、会場まで歩きます。

けっこう遠い。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、一方、夕立の心配はなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適度に風もあって暑いとはいえしのぎやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故にビールもウマイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始前、ワクワクします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで一緒に花火、は楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず、イイ食いっぷり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が暮れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、はじまりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次第に暮れなずむ空に次々とあがる大輪の花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も2万発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、当初のプログラム決定後に駆け込み協賛などあり、

実際には2万5千発くらい上がるという噂です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに2時間の間、ほぼ切れ間なく打ち上げられる花火。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は打ち上げ点火はコンピュータ管理らしいですが、

たしかにそうでもなければこう立て続けに打ち上げることは不可能でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年で104回を数える、この伝統の花火大会。

はじまりは1903年、明治36年だそうで。

毎年、8月の第1土曜日と決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は人口減少傾向の足利市ですが、

よそからの観光客に加え、この時期を狙って帰省する人も多く、

花火大会前後の人口は、かなりの数になってるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は8時50分からの大ナイヤガラ。

約600mの光の奔流が東から西へ走ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレは見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、一斉にスマホで撮影、自撮りをするヒトもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、素晴らしい花火でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.08.03

北仲通り七夕まつり

 当院の前の北仲通りの七夕まつり。

また、今年も開催されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなりわが家の前で忍者ショーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか仮面ライダーショーみたいな。

バク宙したりでけっこうアクションスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日光江戸村あたりからの出張営業なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は雨の心配が無く、良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここはワタシも和服で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなりにぎわっています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日光猿軍団、毎年おなじみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グルメ屋台も目白押し。

「ン」と「ソ」、「シ」と「ツ」はインドのヒトにはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「タソドリーチキソ」2つください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも美味しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、焼いてるヒトは暑くて、煙くてタイヘンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同級生のヤマちゃん一家にも会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たかうじくんにも会いました。これも暑そうだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまた同級生の酒屋の佐川くんに強引にスパーリングワインを売りつけられる。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大道芸も盛り上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、やっぱ、ここでバンドイベントやると楽しいだろうになあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お祭りは、今夜金曜日の夜もあります。

 

 


コメントはまだありません
2018.08.01

2018年足利夏まつり 北仲通り夜店まつりに伴う診療時間変更のお知らせ

 今年もこの季節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利夏まつり2018 七夕まつりのため、

当院前北仲通りは、8月2日、3日の両日、午後4時半から交通規制があり、

車両の進入ができなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、今年も8月2日3日は午後の受付は4時半までになりますので、

何卒ご了承ください。

 


コメントはまだありません
2018.07.31

フジロック2018、29、July

2日目。

 

 

 

 

 

 

 

 

台風は結果的に完全にそれ、西日本を直撃した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、こっちは大丈夫なんでしょうか。

朝、近くのコンビニ朝飯を買いに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、油断はできない。

ボブ・ディランのヒット曲には「風に吹かれて」とか「激しい雨が降る」とか

不吉な曲が多いぞ。

そういえば「ハリケーン」も代表曲だ。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着いたときには晴れていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ゲート前での記念撮影の時、雨が降りはじめ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲートを抜けるときには、わずか2分後に土砂降り。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓童にも浅井健一にも特に興味はないので、目指したのはレッド・ステージ。

スペインのガールズバンド「HINDS」のステージ。

だが、唯一屋根のあるこの会場に雨宿り客が殺到したか、中に入れず、見えねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、ジリジリと中に侵入。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若手のガールズバンド、音はほぼ予想通り。

21世紀のGO-GO’Sといった感じでナイス。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージでやたらぴょんぴょん跳んでて元気で良かったですが、

イマイチ遠くてルックスは確認できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、雨も上がったようなので腹ごしらえでも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジロック、10年以上連続出場、ベテランの治之氏のお勧めは「越後もちぶた」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行列のできる人気店、最後尾のヒトはこの看板を自ら持ち、

後ろについた人に手渡していくという、無駄のないシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、「もちぶた」を待ちながら「手もちぶたさ」にならない

画期的なシステムである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、これ、塩コショウと味噌ニンニクのふた味。

ついでに辛みそモツ焼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お相手はフジロック・オフィシャルビール、ハイネケン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、どうも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いえいえ、コチラこそ、どうも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、晴れて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広場では皆さん、思い思いにグルメを楽しむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-WAVEの臨時サテライトスタジオではクリス・ペプラーさんが

Tokyo 100を放送中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、メインのグリーン・ステージに移動。

あまり「攻める」気はないので、やや離れた高台に陣地を構える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ3時間近くあるが、ここでボブ・ディラン待ち。

デニス・ボーヴェルやホットハウス・フラワーズも聴きたかったが、移動に時間がかかるので断念。

まあ、中高年の山歩きなので年齢をわきまえて体力を温存せねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、もう会場はビッシリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう昼寝してる人も多く、前の椅子のお姉さんのボーシではトンボが休憩中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ってる間に、もう一杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼下がりの野外ビール、イイものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがてステージではジャック・ジョンソンの演奏が始まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く知らない人だったが、ハワイ出身のシンガーソングライター。

オーガニックでリラックスしたアコースティックサウンドが、

午後のビールと、シエスタにピッタリで心地良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このタイムテーブルは、主催者にイイねしたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいってる地に時間が近づいてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブ・ディランのステージは18:50~の予定。

今回、場内に数多くあるライブ会場だが、ボブ・ディランの時間帯だけ、

他会場は一切ライブ無し、という異例の設定。

ヘッド・ライナーが18:50という早い時間にスタートするのも異例中の異例である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめお断りしておきますと、

ワタシは特にボブ・ディランのファンというわけでもない。

CDは12枚ほど持っていますが、

スタジオ盤、ライブ盤合わせて48枚、ベスト盤など合わせれば

63枚のアルバムをリリースしてるビッグ・アーチストですから、ごく一部。

参考までに大ファンであるストーンズなどは

スタジオ、ライブ盤のすべてを含む50枚以上を所有しています。

LPを含めるとさらに、何枚あるやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、今回もボブ・ディランがヘッドライナーと聞いて、

9時過ぎの最終なら見なくていいや、と治之くんと話していた。

(治之くんのボブ・ディランCD保有枚数はわずか3枚だという。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、予定開始時刻18:50の2,3分前に演奏が始まった。

それも、きわめて唐突に、さりげなく。

最初はひょっとしてただのサウンドチェックか、と思ったほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて目の当たりにするフォークのロックのレジェンドは、

意外にもギターを持たず、ピアノの前に座っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は・・・・・、ワカラナイ。(^^;)

もともと、そんなに詳しくないのに加え、

アレンジや、歌い方はかなりひねってあるゆえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、間違いなくボブ・ディランの声、サウンドである。

1960年代初頭から公民権運動のシンボルとしてフォークの貴公子と言われ、

その後、ロック志向に転向しザ・バンドとともにワールドツアーを行い、

バイク事故のあと沈黙するが「偉大なる復活」を成し遂げ、

その後もいろいろとスタイルを変えながらロックでもなくフォークでもない

「ボブ・ディラン」というジャンルを貫いた生ける伝説のナマの演奏を今聞いている。

なにか、えもいわれぬ不思議な感覚である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 椅子に座っていたがライブ始まると

この辺も総立ちになるかなと予想していたが、さにあらず。

みんな座ったまま聞き入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歌以外のMCは一切なし。

曲紹介はもちろん、挨拶も一言もない。

予想通りのぶっきらぼうな変人、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、こりゃあ、まさにボブ・ディランだなー。

ホント、まったく・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、始まるまではひょっとしてボブ・ディラン来ないのでは、

なんて考えも一部あったので、ちゃんと来てくれてヨカッタ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ようやく曲名がわかったのは最後の2曲。

「やせっぽちのバラッド」と、最後の超有名曲「風に吹かれて」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それもアレンジが全然違い、節回しもフェイクしてるので、

最初は、何の曲かわからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな感じの1時間半。

予想通りアンコールはなく、

77歳のボブ・ディラン氏の歴史的ライブは静かに終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとのバンパイア・ウィークエンドもCDは1枚持ってて

ちょっと気になるバンドだったが、明日の仕事を考え、

中高年兄弟は、ここで撤収。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 照ったり、降られたり、遠いし、疲れるし、混んでるし、

通常のコンサートと比べるとケタ違いに「パワー」を必要とするフジロックであるが、

このイベントはあきらかに「中毒性」「依存性」がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年も、また来たいものだ。

そのために体力を維持しなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.30

フジロック2018、28、July

さて、いろいろあったがいよいよフジロック。

まずはクルマで高崎まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新幹線でいくわけだが、帰りの時間を考えるとどう考えても両毛線の終電は間に合わない。

なんせ、足利駅までの終電時刻は午後9時42分。

これだから田舎はイヤダ。

なので、足利~高崎間はクルマで。

実は所用時間も乗り換えもないのに電車よりクルマの方が15分以上も早い。

ここだと2日間で駐車料金1200円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして上越新幹線で2駅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間わずか30分だが、昼メシタイム。

大好きなたかべんの「鳥めし」。35缶とともに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味い。「だるま弁当」も好きだけど、これもイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風は、90度以上の鋭角ターンをして西に向かったようで、

山梨方面に向かう特急は軒並み運休のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越後湯沢着。

シャトルバス乗り場に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少の列はあったがじきに乗車。

晴れてるー。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苗場まで30分ちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待を乗せてバスは山道に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは手持ちの紙チケットをリストバンドに交換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、物販。

Tシャツ2枚購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよゲートへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、どれが目当てというわけでは無いが、

ロックが聴きたいので、ホワイトステージへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ASH」は、いわゆるブリットポップの3ピース・ロックバンド。

ASHというとワレワレ世代には「Wishbone Ash」であるが、全く関係ないようです。

ただし、ギタリストはアンディ・パウエルと同じくフライングV を愛用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、「ASH」が終わったあたりからやや雲行き怪し。

ここで、昨日から来ていた治之くんに合流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の「ユニコーン」は、どっちでもよかったが、

その次の「フィッシュボーン」が聴きたいのでそのまま残ることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「ユニコーン」の途中から雨が降り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、小やみになったりで、いったんはおさまるかと思ったが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィッシュボーンが始まる前からはだんだん本降りに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノースフェイスのゴアテックス・レインスーツで完全装備。

この写真、座ってる膝とその間にはさんだリュックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折り畳み椅子に座り、雨に打たれ、開演を待っていましたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20時過ぎに「フィッシュボーン」。

総立ちに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨で写真が上手く撮れませんが、ノリノリのステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結成35年の元祖ミクスチャ―バンドはなおまだ元気でした。

当時はミクスチャーという言葉は無く

パンク+ファンク+ロック+ジャズみたいな言われ方をしてましたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、すごかった。

フィッシュボーン、ワタシはCD1枚持ってる程度ですが、

治之氏は来日公演に足を運ぶほど好きだそうだ。

メンバーはワレワレとほぼ同世代、あるいは上(?)だが、

ほぼ休みなくずっと叫び、ジャンプして、走り回っていた。

そのパワフルぶりに圧倒されました。

だが、雨もパワフルになり、もはや土砂降り。

ラストに大盛り上がりの曲は

ワタシの持ってるアルバムにも入っている「Everyday Sunshine」 

この大雨の中、あえてこの曲か?(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大雨の中「Everyday Sunshine」のコールを繰り返した

その後は特に見たいアーチストもいなかったので

引き揚げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜のヘッドライナーはグリーンステージの「ケンドリック・ラマ―」だが、

ラップとか全く興味ないので脇をスルーして帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただしここで会場脇を抜けるとき、

「渋滞」にハマって脱出がかなりホネであった。

ケンドリック・ラマ―、人気あるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマで治之氏の勤務する病院の保有する越後湯沢駅近くの保養施設へ。

一泊1000円で泊まれます。

荷物置いた後、近くに繰り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この看板、目にとまり、入店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー今日はよく歩いた。

フジロックは「スポーツ」です。

体動かした後の生ビールはサイコーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロック談議に花が咲き、大いに飲み、喰い、夜が更ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、今日はかなり歩いたので

多分、相当カロリー消費したから、という言い訳のもと、

禁断の〆のラーメンまで、いっちまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、ボブ・ディラン。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.17

鮎と悪魔

毎年夏には一回は鮎を食べに行くことしております。

去年は群馬に行きましたが、今年はまたここで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったより空いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずの生もウマし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、夏が早いと得した気分だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンクロナイズドなお姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、感無量。

そういえば、東大一直線にあったな「カンムリョゴン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいそのから揚げと御新香も忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

ココ、ウナギもあるんです。

トナリのヒトが食べててデカくておいしそうだったんですが、

やっぱココまできたら鮎ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、マンゾク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日こっち方面に来たのにはもう一つの理由あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻の運転で15分ほど、ここは壬生ハイウェイパーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペースデーモン様の献血コラボイベント「ドラキュラロックフェスタ」の応援に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻も一緒に写真撮っていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アシスタントMCのメグちゃんも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても暑そうだ。

去年は、ココとおおた夏まつりをダブルヘッダーでやっちまったのだった。

去年も暑かったけど、今年はさらに。

この日やってたら、完全に死んでたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、秋には出演したい。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.07.10

アコースティックナイトとおおた夏祭り出演のご案内

 西日本の大雨で甚大な被害が出ており、お見舞いもうしあげます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 関東地方は、6月末の早い梅雨明けで、

この大雨被害の間も、ちょっと梅雨っぽくなったがたいした雨は降らず、

また、夏空が戻ってセミの大合唱になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、夏がやってくる。

今年も出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏の野外ステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月15日(日)、場所は昨年と同じ「高校生音楽フェスティバル会場」。

ワレワレ「C5-dips」の出番は18時ころ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 交通規制にご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、実はその前日。

足利BBC Clubのアコースティックナイトに出ます。

しかも、コチラはバンドでなくピンで。Σ(・□・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10年ぶりくらいのソロプロジェクト。

どうなることやら・・・(^^;

 

 


コメントはまだありません
2018.06.16

エッシャー体験

 さて、ワタシのエッシャー体験ですが、

買い求めた図録に1970年ころに

少年マガジンでエッシャー特集が組まれていた、

との記載あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「巨人の星」「あしたのジョー」「無用ノ介」・・・

黄金時代ですね。

ワタシは間違いなくこれ見てるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、何となく、別のところで見たような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学・高校生のころ、お世話になった(?)雑誌「GORO」で見た記憶があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思って、ネットでググると・・・・・

出ました\(^o^)/

 「GORO1974年9月23日号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイなインターネット検索。

たしかに、表紙にはないが、収録作品のところに

「M.C.エッシャーのふしぎ世界「無限百貨店」 by 山野浩一(SF作家)」

の記事ありますね。

これで、スッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ここに1974年とありますが、

アグネス・ラム・ブームはワタシが高校生のころのはず。

1974年では、どうも計算合わないので別検索したところ

この雑誌は1976年9月23日号でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1976年と言えばワタシは高2か。

付録のジャンボ・ピンナップは「アグネス・ラム/原田美枝子」。

たぶん貼っていたのは「アグネス・ラム」の方だと思う・・・。(^^;)

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.14

ミラクル・エッシャー展に行ってきました。

 先週に引き続き、上野。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は梅雨の晴れ間のいい天気です。

気温は高いが湿度は低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて今回の上野訪問の目的は、またしてもパンダではなく、コレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は我が家はエッシャー大好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京でエッシャー展が開催されるのは12年ぶりだそうですが、

12年前も間違いなく見てるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マウリッツ・エッシャーは「だまし絵」で知られる

オランダ人の画家(版画家)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場内撮影禁止ですので以下は会場で買い求めた図録の写真です。

2700円ですが、かなり立派な本です。

言っちゃあなんだが、森高千里さんのパンフレットよりはかなりお買い得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺の代表作は誰でも一度は目にしたことがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は幼稚園の時の絵本でエッシャー世界に出会ったそうですが、

ワタシがこの作家のファンになったのは子供のころある雑誌で見てからです。

その謎ときは後日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても見れば見るほど引き込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 展覧会には若いころからの作品を含めて150点余りが展示されており

かなり見ごたえがありましたが、

若いころの作品はフツーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、こういったモチーフが

のちの作品の下地になったことがわかるような展示になっていました。

2つ前の階段上る絵と比べてみるとナルホドとわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こんな絵を描くので神経質な偏屈な人ではあったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エッシャーのもう一つの得意技である平面分割。

組み合わせが少しづつ形を変える不思議絵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもダイスキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このメタモルフォーゼはその集大成、大作になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、図録では伝わらないのでネットニュースからの現場写真で。

下のガラスケースにあるのが原画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、なかなか見ごたえのあったミラクル・エッシャー展でした。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポンサーはなぜか、法律事務所。

所長が好きなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、腹減った、何か食べようか、ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この看板に惹かれて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷麺食べてきました。

もう、夏が来る♪ 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.06.11

「C5-dips」in GET LUCKY vol.13

梅雨空の6月10日。

ここは、あのタイガーマスクで有名な、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢崎レフュッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこのイベント「GET LUCKY vol.13」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、観に来たことはありますが、

今回「C5-dips」として、このイベントに初参戦、

四角いジャングルでの戦いに参加することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイベントの特徴はチケット代の一部がチャリティとして

施設に寄付されること。

場内にも募金箱が設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のチャリティー売り上げは、

群馬県藤岡市の障害を持った子供さんたちの学童保育などのサービス事業所

「NPO法人かてて」さんに寄付されます。

「かてて」とは方言で「(友達に)まぜてー」の意味だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサル後そんなイベントの趣旨が主催のちょば~ん氏から説明あり。

難病で亡くなられたお子さんが、生前この施設を利用され、

今回バンドでも参加する「TEN-YEN」のYokozawaさんから施設の解説がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、そんなわけで、盛り上げていきまっしょい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のための特製クッキー、ティアドロップピック型なのが♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッターは「超飛」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スーパーフライ」のコピバン、このイベントの常連さんです。

若干メンバー変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずド迫力のパンチの利いたボーカルで盛り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番手は「Assort Beat」。

この時、ワレワレ出待ちで楽屋でしたが、聴こえてきた音に

お、デトロイト・ロック・シティか、と思ったら中森明菜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指板まで赤いストラトキャスターがステキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして3番目がワレワレ「C5-dips」の出番です。

幕が開く前に1枚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は主催のちょば~ん氏のニルヴァーナトリビュートバンド

「OUT-AGE」に敬意を表して

オール・フー・ファイターズ・セットで臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここんとこ、ドラム中野くん多忙でなかなか練習時間とれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここレフュッジのステージは初めてですが、

ステージの音環境は良く、演りやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は全曲フーファイターズなので、

めったに弾かないセミアコをチョイス。

ギブソンではなくヤマハです。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもヤフオクで10年以上前に4,5万で手に入れたもの。

ピンクフロイドのブタさんステッカーはりました。🐽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーやお客さんに助けられ無事演奏できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこのイベントは素晴らしい。

なんともう13回目だそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペデー閣下のドラキュラロックフェスタといい、

この手のロックイベントはすごくいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、機会があれば出たいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、お次は大好きな「Rusty Note」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリジナル曲だが、もうすっかり覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メタボ・キングで一緒にタオル回すためにワタシもタオル持参、忘れません。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなロックンロール・ファイヤーなあとは「OUT-AGE」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イベントの仕掛け人Kurt Chobain氏率いるニルヴァーナトリビュートバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段の姿から一転、

ステージに立つとカート・コバーンがカツラとともに降臨します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッコええ。

21世紀のグンマで見るニルヴァーナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他のメンバーもスゴイが、片麻痺のドラマー、雅美氏は

こんど「脳フェス」という脳卒中患者んさんのイベントに参加するそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレっすね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のバンド「TEN-YEN」は、このチャリティの寄贈先「かてて」を紹介したバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 亡くなられた息子さんもロック好きだったとか。

音楽の力、ロックの力を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トリは「ポ袋寅次郎」氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もと「ボウイ」の布袋寅泰氏のトリビュートバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲はボウイの曲ではなく布袋さんソロさんの曲なのかな、

その辺詳しく知らないのですが、雰囲気はまさに布袋寅泰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場大いに盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、第13回のGET LUCKY 。

総額139,957円の寄付が集まったそうです。

見て楽しく、演奏して楽しく、

また梅雨本番なのに募金をして

気持ちも晴れ晴れという素晴らしいイベントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 企画運営の方、参加された皆様、チャリティーにご協力いただいたお客様、

また、会場のPA,受付の方々大変お世話になりました。

また、ぜひ参加したいですね。

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ