ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2008.08.05

ロックな高校生(第8話)

 結局、直接手渡しするのは勇気が出ず、
いとこのMちゃんにお願いすることに。
「まあ、来てはくれるだろうが、そのあとだな、問題は。」
「でも、市民会館の大ホールだろー、かっこいいぜー。」
「そうだよ、誘われれば、その気になるよ。」
さて、その結果は
「おー、O,どうだった?」
「渡した?」
「来てくれるって?」
「・・・ウン、渡してもらった。来てくれるって。」
「おー、やったじゃん。」
「・・・でも、チケット2枚くれって。」
「・・・?」
「・・・彼氏と、来たいって。」
「彼氏ーー?彼氏って・・・。」
「1組のAって奴と付き合ってるらしい。」
「1組って、足高か?」
「そう・・・。」
「ありゃまー。」
「で、そいつ、バンドやってるんだって。」
「バンド、足高で!」
「4組にTっているだろ、ギター弾くやつ。
そいつんとこのバンドでベース弾いてるやつだって、彼氏・・・。」
な、何と、Nちゃんには付き合ってる彼氏がいた。
しかも、同じ高校の同級生で、しかもバンドやってて、しかも事もあろうに、同じベーシストだという。
そりゃ、悲劇だ。
早速、次の日1組の教室までそのA君を見に行った。
「あいつかー。ちょっと、Oよりかっこいいなー。」
「なんか、チャラチャラしてて弱そーだけど、確かに女にモテそうだな。」
「ちょっと、こりゃ勝てねえなー。」
「ウン、負けた負けた。」
(これは、本人には、言えない。)
しかし、そうとばかりも言ってらんない。
本番は、もうすぐで、ここでOが、落ち込んでたのでは、われわれが困る。
「いや、O、元気出せよ。あいつのバンドは、へたくそらしいぜ。」
「そう、ベースは絶対、お前の方がうまいって。」
(これは、でも事実だ。
Tのバンドは、聞いた奴によると演奏はほとんど話にならないくらいのレベルだという。)
「そうだよ、お前のベースは最高だぜ。」
「女なんか、カンケーねーよ。」
「アグネス・ラムちゃんがいるじゃねえか。」
(実は他のメンバーも、彼女がいないので、この結末に少しほっとした面があったりする。
この件について、この間、ライブに来てくれた2人に直接聞いたところによると
ドラムのNちゃんばかりか、
いとこのMちゃんも、OがNちゃんを好きだということは知らなかったそうだ。
つくづく、シャイな奴、O。
でも、Mちゃんも察してやれよ。
そんなわけで、Oの恋は、実を結ぶことなく、ロック・ボックス本番を迎えるのであった。


1件のコメント
2008.08.04

ロックな高校生(第7話)

 「やっぱ、ここで練習するしかねーよ。」
「あと1ヶ月ってことで、何とか練習させてもらおうよ。」
「そうだな、みんなで、頭下げて、あと1月だけ、その後はやりません、ってことで。」
「なんか、持ってった方がよくない?」
「そうだな、こーゆー時は、菓子折りだ。」
「じゃあ、小泉哲ちゃんちで、最中、買ってこ。」
「おー、そりゃ名案。」
哲ちゃんは我々の同級生で、実家は老舗の和菓子屋さんだ。
というわけで、我々は小遣いを出し合って、最中を買い
それを持って、近所の家を一軒一軒回った。
「あと、1ヶ月だけです。」
「それ以後は、絶対音を出しません。」
「夜も8時以降は練習しません。」
メンバー全員で、頭を下げて回った。
その甲斐あって、何とか、本番までの練習許可を取り付けたのだった。
「よかったなー。」
練習にも力が入る。
曲も決まった。
1曲目にディープ・パープルの「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」
名盤「ライブ・イン・ジャパン」のバージョンだ。ギターとボーカルの掛け合いがウリ。
2曲目はやはりパープルの「ラブ・チャイルド」
こちらはギターがトミー・ボーリンに変わったあとのアルバム「カム・テイスト・ザ・バンド」
からのナンバーだ。
リフがツェッペリンの「ハートブレイカー」に似ている。
そして3曲目は、オリジナル。
ギターのEと、私で作った「オールド・キャッスル・イン・マイ・ハート」。
・・・うーむ、今聞いたら赤面するようなタイトルじゃ。
パープルの「チャイルド・イン・タイム」で始まって
ツェッペリンの「天国への階段」で終わるようなパクリまくり、の曲だ。
本当は「チャイルド~」なり「天国への~」なりで、盛り上げて終わりたいのだが
それらは難しすぎて手に負えないので、それっぽい曲をでっち上げた、というのが真相だ。
そして、ついにポスターとチケットができた。
よーし、女子高のNちゃんを誘うんじゃ。
いけ、O!
さて、Oの作戦は果たして功を奏するのか。次回へ


2件のコメント
2008.08.03

ロックな高校生(第6話)

 「あー、やべぇやべぇ、練習に遅れちった。それにしても、ギターもつと自転車乗りにくいなー。」
当時、肩から背負えるような今みたいな気の利いたギターのソフトケースなんてない。
高いギターにはハードケースがついてくるが、私が買った最も安いクラスのギターは
3角のダンボールの箱に入ってた。
そこで、以前買ったフォーク・ギター用のソフトケースにエレキ・ギターを入れて
手でぶら下げて、自転車で練習場に向かう。
このソフトケースが、チェックの布製で、ダサいったらありゃしない。
まるで、昔よく見た服をかける「ファンシー・ケース」みたいな感じ。
しかし、当時エレキはまだ、珍しい。
明らかに不自然な形のケースをぶら下げていくと
すれ違う男子中学生が「お、エレキだぜ、あれ。」などとささやくのが耳に入る。
「ふふふ、そうだよ少年たち。この中はエレキ・ギターなのだよ。」
などと、心の中でささやかな優越感を持って自転車のペダルをこぐわけだ。
学校から、帰って学生服を脱いで、ベルボトムのジーンズに履き替えて
練習場に向かうわけだが、ジーンズのすそがぴらぴらしてるので
ギター下げて油断して自転車こいでると、チェーンにすそが巻き込まれてしまう。
んでもって、がに股でのったらのったらこいでいくわけだ。
さて、そんなわけでその日、時間に遅れて練習場に着いた。
あれ、音がしてねーぞ、
「いやー、わりい、わりい、遅くなっちった。あれ、どしたの?」
なんか、みんな深刻な顔をしている。
「さっきさ、コシヌマが来たんだ、ここに。」
「えっ、コシヌマって、英語のコシヌマ?」
「そーだよ、足高の先生のコシヌマだよ。」
「何で、また?」
「俺たちの練習がうるさいって、近所の人から高校に苦情がいったんだ。
だから、先生が来て、もう音出すなって。」

「音出すなったってあと1ヶ月だよ。練習しなきゃ、まだオリジナルだって全部できてねーじゃん。」
「だーから、困ってんだろーが。」
キーボードを加えた我々はオリジナルに挑戦していた。
主な理由は、既存の曲だと難しすぎて我々の演奏能力を超えてしまうからである
完成までまだ、時間がかかるが、何回もスタジオを借りる金なんてあるわけない。
「もうすぐ、チケットとポスターもできんだろ、そしたら、O、彼女誘うんだろ!」
「どーすんだよー。」

さて、どうしよう。
練習はできない、曲はできてない、時間がない、
せっかく苦労してここまでこぎつけたのに、
いったい今後、どうなるんでしょう。
物語は、いよいよヤマ場を迎える。


コメントはまだありません
2008.08.03

ロックな高校生(第5話)

 さて、ロック・ボックスに応募して、結果を待ってるうちにトンデモナイ事件が起きた。
ナンと、私の父が急死しちゃったのだ。
やはり耳鼻科医をやってた私の父は10月9日の土曜日までフツーに診療を行っていたが
10月9日夜、急に体調を崩し、激しい胸痛に襲われる。
ところが10月10,11日と連休の前だったためか、知り合いの医者は誰も捉まらず、
翌10日早朝、救急車で日赤に。
しかし、その日のお昼過ぎには息を引き取ってしまった。
急性心筋梗塞、57歳だった。
今、私が考えると、働きすぎとタバコの吸い過ぎかな。
何か、前兆は無かったのか、何とか回避できなかったのか、悔やまれる。
毎日、毎日朝から晩まで、夜間、休日は急患の診察も絶対断らず、
何でこんなに仕事するかな、と思ったものだ。
しかも、翌11日から私は、足高の修学旅行に行く予定だった。
当然旅行は行けず。
まあ、旅行に行く前で、親の死に目に会えたのは、まだ良かったのか・・・。
旅行から帰ってきた同級生たちが、線香上げに来てくれたが、
その時、ベースのOが、
「あのさー、こんな時に、なんなんだけど、ロック・ボックス通ったんだけど・・・。」
「お、ああー、よかったじゃん。」
「でも、小倉、出れる・・?」
「いや、出ようよ、出るに決まってんじゃん。」
いきおいで、答えた面もあったが、ここでやめちゃうとますます落ち込んじゃう気がしたし、
バンドに打ち込んで、悲しみを忘れたい、っていうのもあった。
北海道帝国大学出身で軍医上がりの父は、男が音楽やるなんてとんでもない、という感じで
ロックはもちろん、クラッシックも演歌もジャズも興味なし。
風呂で歌うのは、軍歌か大学の寮歌だった。
オレがいつもギターを弾いてると、しぶい顔して、露骨にうるさがるくせに、
その土曜日だけは、昼間、「やってるな、修学旅行にカメラもってげよ。」
と、珍しく、ニコニコ声をかけられた。
たまにそんな事いうから、死んじゃうんだよ、まったく・・・、親父の奴・・・。
後で、調べると、ロック・ボックスの当日は、ナント父の四十九日の日だった。
結局、母と交渉して、法要が11~2時までなので、そのあと会場に向かうことになった。

さて、予選通過の結果を聞いてドラムの I も修学旅行をあきらめ、私も出場の目途がついた。
メンバーも固まり、このまま、本番まで、突っ走るぞー、と思ったが、
さらに最大の試練がわれわれを襲うのであった。
さて、その試練とは・・・。(まだ、つづく


2件のコメント
2008.08.02

ロックな高校生(第4話)

 「じゃあさ、どうやったら、ロック・ボックス出られるかだよ。」
「んー、フツーに考えりゃ、まず無理だな。」
足利、太田、館林といえば、相当な人口だ。
バンドがいくつあるか知らんが、大学生、社会人OKなので、うまいバンドも多いだろうから
バンド暦1年足らずの高校生のガキが出られる可能性は、かなり低い。
「なんか、K楽器にアピールする点がないと。」
「そうだ、E、お前ギター新しく買えよ。」
「そうだよ、お前の4万円のグレコのテレキャスじゃあ、市民会館のステージよえーよ。」
「ああー、そうだどーんと買っちゃえよ。そうすりゃ、考慮されるかも。」
「そんな金なんかねえよ。つーかそーゆーこと、かんけーないらしいぜ。
それより、その件に関しては、もう手が打ってある。」

 「何だよ。」
「1組のAがいるだろ、あいつが8万円のフェルナンデスのレスポール持ってるのよ。」
 「おおー。」
「ちゃんとセットネックのやつだぜ、それをな、もし通ったら貸してくれるそうだ。」
せ、せこい、せこすぎるぞ。
レス・ポールはジミー・ペイジで有名な憧れのギターだが、
もちろん本物のギブソンは新品で当時35万円もした。
だからみんな国産のコピーモデルを使ってたわけだが
安いやつはボルトオンネックといって、ギターのネックがねじで止めてある。
高級品になるとセットネックといって、木材の段階で加工して接着してありすごく弾きやすいわけだ。
最近は、廉価版でもセットネックがフツーだが、当時はセットネックというと「おおー」といったもんだ。
もっとも、今日日の高校生はいきなりギブソンだ、フェンダーだとか買いやがる。
ふざけんなよ、オヤジはおこるぞ。
当時のオレのギターなんて、さらに安い定価3万5千円のグヤトーンのストラトで、
楽器屋さんに注文する時
「いまどきグヤですか、よくこんな安いギターカタログから探しましたねー。」
と言われてしまった。
ま、そんな話はどーでもいいや。
その時誰かが
 「やっぱ、パープルやるんならキーボードいなきゃなー。」
 「そうだ、2組のSどうだ?」
 「あいつ、この間シンセサイザー買ったんだよ。20万以上したらしいぜ。」
 「おおー、シンセかー。」
シンセサイザーは当時まったく新しい楽器として、特にロック界で注目を集めていた。
そのほんの数年前までは数百万円もしたのだが、
20万円前後のモデルがようやく出てきたとこだった。
しかし、まだまだ珍しい楽器でディープ・パープルや、プログレのバンドは使っていたが
例えば、クイーンなんかは当時まだ使ってなかった。
シンセがあるバンド、って言うとそれなりのアピール度があったわけだ。
今でこそ、9800円で当時のシンセの何倍もの機能があるやつが買えるのだが・・・。
で、とりあえずSに打診すると2つ返事で加入が決定。
Sは、やせてて弱そうで、理知的な感じがして、いかにもキーボードプレイヤーって感じのやつだ。
足高のブライアン・イーノといったとこだが、
ルックスはどっちかというとスパークスのメイル兄弟のお兄さんの方のちょび髭を取ったような感じ。
うーん、わかる人しかわかんないっすね。
プログレッシブ・ロックが大好きでイエスなんかを聞いていた。
さあ、そんなわけでメンバーが5人になり、体制が整った。
そしたら、今度はドラムの I がいきなり言った。
「いや、やベーよ。」
「何だ、どーした。」
「いや、俺さ、そのロック・ボックスの日、どうも修学旅行みてえんだよ。」
「げげげ、まじ?」
他のメンバーは足高なんだが、彼だけは私立の高校だ。
修学旅行で九州に行くという。
さて、どうしたものか・・・。ドラムなきゃ、始まんないし。
さて、修学旅行はどうするか。
そして、さらに大きな問題が。
波乱の次回を待て。


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ