ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2019.03.02

インフルエンザの検査

 インフルエンザは一段落し、陽性者ゼロの日も26,27日と2連続。

その後また、ちょっと出ていますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、先日発熱で休日夜間急患診療所受診した方に聞いた話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、インフルエンザの迅速検査の検体採取を

看護師さんがやったそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そりゃ、綿棒を試薬に入れたり、検査キットに滴下するのは

看護師さんで問題ないとは思いますが、

鼻からの検体採取を医者がやらなくていいの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 法律的に違法がどうかわかりませんが、

ここで言いたいのは、医師法とかの問題ではなく、

検査の精度、陽性率を上げるためには

患者さんの鼻腔からの検体採取は医者の腕の見せどころではないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ耳鼻咽喉科医は、その手の手技には長けているので、

アオッパナが多い子供などは充分鼻汁を吸引して

確実に上咽頭というハナのつきあたりから検体をとることが

必要と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薄く陽性反応が出たような場合では、

この患者さんもし内科、小児科で検査したら陽性には出なかったかもなー、

などと、密かな自己満足を感じます。

比較することはできないけど、差は絶対あるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、看護師さんに採取させるとは、

より良い医療を端から放棄してる、とも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜間急患診療所は開業医の先生が持ち回りで当番医をするわけですが

自分のところの診療所でもそうなのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、自分のクリニックではばっちり濃厚な処方をするのに

急患診療所ではスカスカの処方箋出す先生、いるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段、子供の風邪に抗生剤等をどかどか出す先生なので、

急患診療所での処方のほうが「正しい処方」だったりするんですけど・・・・(^^;

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2019.03.01

今年の花粉は立ち上がり早し?

 今年、この両毛地区ではおそらく2月17,18日あたりから

スギ花粉の本格飛散が始まったと推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の花粉の特徴は、以前ブログに書きました通り

「平年より多い」ですが、

飛び出しが早く、2月中に急激に飛散量が増加した、

ということも特筆すべき点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによって、花粉飛散量のピークが早くも訪れつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、先ころ発表された気象庁の3月の長期予報では、

上旬、中旬、下旬とも関東地方の気温は高め、

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、今後、バンバン飛んで、早期に在庫終了、完売、

となってくれる期待はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、まとめて飛んでピークの花粉量が多くなれば、

花粉症を持ってはいるが普段発症しない人も症状が出て、

花粉症患者さんの「有症率」が増える、という心配もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに一日花粉量の増加で、潜在的に素因は持っているが

まだ、昨年まで発病していない方の新規「発病率」が上がる懸念もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらにせよ、耳鼻咽喉科医にとって「魔の3月」がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今週初めから花粉症及びその合併症の患者さんの増加で

連日200人来院ペースで推移していましたが、

今日3月1日金曜日午前11時現在、

なんと待ち人数ゼロです。

ですんで、ブログなんか書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、明日土曜日にかかるつもりだな。

今日、来ちゃえばいいのに・・・・。(>_<)

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.27

犯人確保

鼻出血は耳鼻科の外来で扱う疾患でも、

なかなか厄介なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、その場で出てる出血は、止めなければイケナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、ノドが腫れてる、熱がある、耳鳴りがする、なんて類だと、

ではこのクスリ飲んでみてください。

よくならなかったらまた来てね、で何とかなるのだが、

ばんばん出てる鼻出血に、このクスリ飲んで止まるか様子見てね、

というわけにはいかないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、何回か繰り返し出ていたけど、とりあえず今は止まっている、

というのも別の意味で厄介だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出ていた場所がわかればいいが、

わからないと処置のやりようがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キーゼルバッハ部位という、ハナの入ってすぐの内側の

左右の仕切り版のとこから出る場合が多く、

この部は見てすぐわかるし、処置も容易であるが、

そこに出血点がなかった場合はかなり困難になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、高齢者の場合などは、後方からの出血が多く、

単純に止血剤なんか出しても、

また再出血する場合がかなり多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば、鼻出血は出てる場所がわかれば、

出血中でもほぼ勝利は手中に収めたも同然だが、

わからない場合は、今止まっていても、いつ逆転ゴールを喰らうかワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日来院された70歳代の女性の方。

数日前から右鼻出血を反復するという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は4,5年前にも反復する右鼻出血があり、その時は

受診時に出血中で、内視鏡で下鼻道天蓋からの血管性出血であることを確認。

その場で電気メスで凝固止血したことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回もそこらへんかな、と思って内視鏡で観察するが、

これといった疑わしい部位が無い。

何もすることができず、鼻炎薬と止血剤で様子を見てもらうが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、夜に出たとのことで翌日来院。

くまなく探すが出血点わからず。

特に前回の出血部位は綿棒でこすったりしたが出ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、前回と同じ下鼻道天蓋に軟膏ガーゼをパッキングして帰宅していただいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、3日後にまた出血し、来院。

今、出てるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、早めに診察室に入ってもらい出血部位を探す。

しかし、ハナいっぱいになった血の塊を吸引除去すると、もうどこからも出ていない。

ついさっきまでは口からもドバドバ出ていたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、先日入れたガーゼを内視鏡で見ると、これが真っ白け。

まったく、出た形跡がない。

真犯人は、別にいるのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、また鼻腔内じゅうをカメラで捜索。

そもそも、鼻の中というのは形状が複雑で、個人差も大きく、

ひだや、張り出しがあって、すべてが内視鏡で見えるわけでは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 探すことしばし。

鼻中隔という鼻の左右を分ける仕切り板のやや後方に、

3人の容疑者を発見した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれも直径1mmに満たない赤いポチっとした隆起。

血管のコブならば、出血点の可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 撓性鏡を硬性鏡に持ち替えて容疑者の検分をする。

撓性鏡とはグニャグニャ曲がる胃カメラみたいなファイバースコープであり、

硬性鏡とはまっすぐなファイバースコープである。

撓性鏡は自在に曲がるので隅々まで観察するには向いているが、

ファイバースコープの操作に両手を使うので、

処置をする場合は片手で扱える硬性鏡を用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 硬性鏡を挿入し、観察しながらまず一個目の容疑者へ

極細の吸引管をそろりそろり近づける。

と、吸引管が触れた瞬間、赤いポチは消滅。

吸引されてしまった。

ただの飛び散った血液のしぶきであったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、確かめた2個目も同様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残された、3個目の容疑者に迫る。

コイツは、一番後方、しかもちょっと抉れた小穴の中にある。

まるで、物陰に身を潜めているかのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこにゆっくりと近づけた吸引管が触れた瞬間、

いきなりピューッと噴水のように血が噴き出した。

一緒に同じモニターを眺めていたスタッフが息を飲む。

お前が、犯人であったか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 犯人確保。

このまま、灼くよー、電気凝固用意してー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すぐに、電気凝固の機械が用意され、そのままバイポーラを挿入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと動かないでくださいねー、ビビビビッ。

煙は消えると、出血は止まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、これで、もう安心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初、前回の出血部位にとらわれ過ぎたので回り道してしまいました。

反省点です。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.23

舌がんは何科?

 堀ちえみさんのニュースのあと、

舌に異常があるが・・・・、

と来院される患者さんが目に付くようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白血病を疑って内科医院を受診する方も増えているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本的に舌がんは「見てわかる」ので、そんなにホネではありませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、舌がん疑いで、歯科・口腔外科に受診される方も多いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、舌がんは耳鼻咽喉科なのか歯科・口腔外科なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、答えはどっちでもあり、ではありますが、

やっぱ、耳鼻咽喉科だろうなあ、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本的に「口腔外科」の先生は歯科医師であって、

医師免許は持っていません。

誤解されている方も多いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 舌がんが「舌」だけならいいですが、

全身疾患とのかかわりがある場合もあるので、

基本的には歯医者さんではなく医者が治療した方が良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厚生労働省の申し合わせでは以下のようになっています。

 

歯科口腔外科の診療領域における歯科と医科との協力関係

歯科口腔外科の診療の対象は口腔における歯科疾患が対象となるが、

特に、悪性腫瘍の治療、口腔領域以外の組織を用いた口腔の部分への移植

その他治療上全身的管理を要する患者の治療に当たっては、

治療に当たる歯科医師は適切に医師と連携をとる必要がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、各々専門があるので舌がんが専門の歯科医師は、

聴覚が専門の耳鼻咽喉科医師よりも

舌がんの治療に長けているのは間違いないですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、開業の耳鼻咽喉科の医者で

勤務医時代に舌がんの治療経験のない人はいないと思いますが、

開業の歯医者さんの中には

ほとんど舌がん治療の経験のない人もいるかもしれませんね。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.18

ダブルA

本日受診の12歳の男の子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜からネツ出て、朝38.2℃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年12月に、すでにインフルエンザA型罹患済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ、インフルはかなり下火になり、

当院でも毎日検査陽性者が出るものの、

ずっと1ケタにとどまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今のところすべて「A型」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扁桃腺などは腫れていないし、風邪のようですけど

高熱なのでインフルエンザの疑いがありますね。

A型はもうやっちゃったので可能性は高くないけど

まだ、流行はしていないけどB型もあるし、

A型も厳密にいうと2種類あるから、調べてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果「A型陽性」。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回12月はその後、弟と両親もかかり、

家族全員にインフルうつしたとのことなので、

前回のインフルエンザの診断は間違いなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは「もう一つのA型」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前ブログで書きましたが、

インフルエンザA型はH1N1のパンデミック09型と

H3N2の香港型があり、

検査キットではその鑑別はできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、型が違えば、免疫は有効ではなく、

もうひとつのA型には罹患してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、厚労省のこの統計を見ると、あることがわかってきます。

週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数、2014/15~2018/19シーズン

すなわち2014/15シーズンはほぼH3、翌2015/16年は逆にH1pdm

そして2016/17シーズンは再びH3ばかり。

ところが2017/18シーズンは最初H1pdmだったのが年明けからH3優位に転換。

そして今シーズンはH1pdmで始まったが、早くからH3が増えています。

すなわちH1とH3が年ごとに交互に流行していたのが、

昨年から同時流行にかわってきているということ。

特に今シーズンその傾向が強まっています。

しかも今シーズンはBはまだ全く出ていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、A型に罹患した方でも、直接感染ではないA型患者さんとの接触は注意すべき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、この男の子、まったく、ついていないヤツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、彼を起点に

またまた家族全員が罹患する可能性もありということです。(>_<)

 

 


コメントはまだありません
2019.02.07

内科のメニエール

耳鼻科医の間では「内科のメニエール」という言葉があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんに問診をするときに

「10年くらい前にメニエールやりました。」

などということをおっしゃる方がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときに

「どちら側のメニエールでしたか?」

と訊くと、きょとんとされる方がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのようなとき、

「そのメニエールという病名はどこで言われましたが?」

と尋ねると、○○病院です、などと内科の病院の名前が出てくるので

ああ、やっぱりな、と思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または

「この間メマイで病院にかかったら

これはメニエールなので次は耳鼻科に行くようにいわれた。」

という方もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内科で言われたメニエール病のざっと8割は

メニエール病ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニエール病は片耳の難聴、耳鳴とメマイ発作を反復する病気です。

耳の症状がなければメニエール病とは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内科の先生は、よくわからないけど

これは危険なメマイではないから大丈夫だな、と判断した時に

「メニエール病」という専門用語を出すと

いかにももっともらしく患者さんも納得するので

さしたる意識もなく「メニエールですね。」と言ってるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、その類縁疾患もあり、

大事なのは小脳梗塞など脳内病変を伴う危険なメマイでなければ、

「メニエール病ですね。今度なんかあったら耳鼻科行ってね。」

で、済むので、誤診が問題になることはまずないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、最近は「良性発作性頭位メマイ」の診断が増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、やはり内耳の病気で、

平衡機能のセンサーである耳石器の耳石が

三半規管に迷入することにより発生する病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に頻度の高いメマイで、

近年体位変換による治療法なども進歩したため有名になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、それを聞きかじった内科の先生が、

「これは、耳石が動いたことによるメマイだから、

今度なんかあったら耳鼻科行ってね。」

というパターンが増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むろん、内科医の診断は

「危険なメマイではない耳性メマイ」なので、

今まで「メニエールなので耳鼻科行ってね。」

と言ってたのを、

「良性発作性なので耳鼻科行ってね。」

と言い換えているだけなのですが、

良性発作性頭位メマイのほうがはるかに多いので、

そうでないこともあるけど

結果的に診断としてはけっこう当たってたりして。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、中にはスルドイ紹介状をつけてくる

オヌシ、ヤルナ的な先生もいますが、

多くは紹介状もないので、コチラも診断結果を返信しませんから

自分の診た患者さんが

どんな病名で耳鼻科で加療されているかはご存知ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こっちも返事書く手間が省けるし、

迅速な対応が必要な危険なメマイとそうでないものをまず判断する、

というのが内科の先生の重要な仕事ですので、

これはこれでいいのです。

ただ、言われた診断名はまたちょっと別ですので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントはそうではなくて「メニエールかも知れないから」

「耳石からかも知れないから」と言ったのを

患者さんが勝手に「メニエール」「耳石のメマイ」と

直に理解しちゃってる場合もあるでしょうけどね。

ワタシとしては「耳からくるメマイだと思う。」

的な言い方が一番いいと思うのですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.06

製薬メーカーの社内勉強会

 水曜日の午後は某製薬会社の社内勉強会に

講師として招かれ宇都宮へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のシーズンに先立って、今回のテーマは、

 

 

 

 タイトルバックは、去年の天皇杯決勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2世代の抗ヒスタミン剤は

花粉症を含むアレルギー性鼻炎治療の中心ですが、

今回それを薬剤別に大解剖、という企画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マル秘情報満載。

ご要望があれば、他のメーカーさんでも講義しますよ。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はもちろん、バンドの宣伝をさせていただきました。

 

 

 

 


1件のコメント
2019.02.05

インフルエンザA型B型同時罹患について

 この間、潮目が変わった、なんて書いたけど、

また週明け月曜日は20人ものインフルエンザ陽性者が出て、

まだまだおさまっていないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな中、ワタシの友人はインフルエンザA型B型に同時罹患した、

と、フェイスブックに書いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 迅速診断キットでAとBの両方にラインが出たそうで、

写真も出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、インフルエンザA型B型の同時罹患はあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検査キットには偽陽性(ホントは陰性なんだけど間違って陽性反応が出る)

ということが、稀にありますので、ホントはAかBのどちらかだった、

ということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、ウイルスが競合するので、同時感染はないんじゃないか、と思って調べてみたら

ちゃんと論文がありました。

迅速診断キットでA型とB型インフルエンザウイルスの重複感染が疑われ、

RT-PCR法とウイルス分離法で確定された11例について」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、この場合、どちらかのウイルスが優位になり、

他方は不顕性感染のような状態になると思われますので、

抗体は両方できるものの、症状が倍になることはないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、抗ウイルス薬はABの区別なく効きますので、

どっちが優位かわからなくても大丈夫でしょうが、

B型に関してはタミフルよりリレンザの方が有効、という報告がありますので、

この場合はリレンザの方が安心でしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、今期、当院ではB型は出ていません。

やだな。

 

 

 


コメントはまだありません
2019.02.02

潮目

 2月最初の土曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらず、土曜日は他の曜日と違って患者さんの数が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、2月に入っての今日、ふと気づいたのは、患者さんの傾向の変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザ(疑いを含む)<花粉症のクスリ、という構図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザ、あるいはその疑い、もかなり多いのであるが、

前回受診が1年前、カルテを見れば、

名前を呼ぶ前から、花粉症の準備だな、とわかる患者さん多し。

ここが、潮目か、分水嶺か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今シーズンのレーザー手術も先月末で終わりになり、

確実に季節の歯車がかちりと、回った感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、昨日の朝の散歩で、梅の花が咲いていたっけ。

これからが、試練の季節。(T_T)

 

 


コメントはまだありません
2019.01.31

一石二鳥

 連日インフルエンザ多し、ですが、

インフルエンザになると、普段病院にかからない方も受診します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに、中耳炎を反復するお子さんとか、

繰り返し外耳炎をおこしちゃう「耳掃除マニア」とか、

ちょっと、風邪気味になるとすぐ受診する心配性のおばあちゃんのような

「常連さん」ではない方が、受診します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、丸きりの新規ではなく、

以前かかったことのある方が多いのですが、

ここのところ散見されるのが

「ついでに、花粉症のクスリください。」

という方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに「スギ花粉症」も秒読みなので、

そろそろクスリ取りに行かなくちゃなあ、という花粉症患者さんが、

「ついでに」クスリを持っていくことは、けっこう多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 処方箋には

「タミフル5日分と、花粉症のクスリが3か月分、目薬3本」

なんて、感じになります。

インフルエンザの出席停止の説明書と、

花粉症の注意事項をまとめた紙を同時に手渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、受診が一回で済んじゃうので、

こっちも助かるのですが、

中には2年続けて「インフルエンザ+花粉症のクスリ」なんて方もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そろそろ、花粉症のクスリを取りに行かなくちゃだけど、

インフルエンザにかかるまで、もう少し待っていよう、

なんてヒトはまさかいないでしょうね。

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ