ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.03.08

ACL初戦、橋岡らの活躍でようやく今季公式戦初勝利

 水曜日の夜はアジアチャンピオンズリーグのグループステージの第1戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホーム埼玉スタジアム参戦予定であったが、

バンド練習のため、録画参戦になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、浦和レッズが属するグループGは、レッズのほかに

中国リーグチャンピオンの北京国安、韓国カップ戦王者の全北現代モータースと

このタイチャンピオンのブリ―ラムユナイテッド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳しいチーム事情は知らないが、

おそらく今日の相手ブリ―ラムは一番格下と思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 総当たりホームアンドアウェイということであれば、

このチーム相手のホームゲームは、勝ち点3はマスト、

できれば、得失点差のことを考え大量点で勝ちたいところ。

 

 

***************************************************************************************

2019年ACLグループステージ第1戦

浦和レッズ  3-0   ブリ―ラム・ユナイテッド (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 0-0)

***************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは、リーグ戦の杉本に代えてアンドリューナバウト、

岩波に代えて森脇、山中亮輔に代えて橋岡大樹がスタメンに名を連ねた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始後、予想通りレッズのボール支配により、

一方的に攻め込む展開になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、なかなか決定機に持ち込めず、攻めあぐねる。

今季公式戦3試合で、いまだ無得点の攻撃陣は得点の形を見いだせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、足の速いタイ選手による素早いカウンターで、

しばしば、ピンチを招くこともあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりここは、「困った時のセットプレー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-0で折り返した、後半5分、

それまでも良いキックをしていた柏木のコーナーに

槙野が頭で飛び込み先制点、レッズの今季初ゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、気持ちがラクになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして75分、長澤のミドルの跳ね返りを、ゴールにたたきこんだのは橋岡だった。

右ワイドの橋岡が、よくあそこにつめていたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その橋岡が最後にもう一仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 84分に興梠に代わって入ったのは、

今期モンティディオ山形から移籍の汰木 康也。

「ユルキ」なんて名字はじめて見た。

パソコンで変換されねーよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このユルキが、わずかな時間に結果を出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 87分、左サイドを得意のドリブルで抜けた汰木は、切り返して右足でクロス。

そのファーへのボールに走りこんだのは、

またしても長い距離を走ってきた橋岡だった。

自身今日2点目のダメ押し弾を決めた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、3-0の快勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当初のプランから考えれば、ある意味「期待されたノルマ」ともいえるが、

ここ3試合勝ち点、得点のなかったレッズにとっては、

チームに勇気と勢いをつける勝利となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに、橋岡、汰木 といったリーグ戦に出ていない選手が結果を残したのは

アジアチャンピオンズリーグに参戦してリーグ戦とのやりくりの中で得た功名だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、3点取ったとはいえ、前線のフォワード陣にあっては

依然、無得点、というのが、まだ気になるところ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ