ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.05.01

C5-dips in 平成最後の大忘年会2Daysライブ~出番編

 前回からの続きです。

 

 

 

 

 

 キンチョーしまくりで出番を待つワレワレ。

あー、ホント、大丈夫かなー、と思っていると、

いきなり後ろから肩を揉む者あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰かと思えば、昨日も来てくれた音楽トモダチのゴンちゃん。

「センセ、いつものようにやれば、いいんですよ、前で応援しますから。」

緊張は相当顔に出ていたらしい。

この一言が、救いになった。

さ、いっちょ、行きますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1曲目、いきなりパンクの「American Idiot」。

ちょっと音の大きさが気になったが、

お客さんの顔を見て、これはなんとかイケるな、と判断。

ただ、間奏部分のコール&レスポンスは念のためやめておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり1曲目で席を立つお客さんはいなかったので、

なんとなくオッケーかと。

手探りで2曲目「Wake Me Up When September Ends」、

これはややスローなので大丈夫かな、とか思いながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 MCでいろいろ言い訳のコメントなどしつつ、

お客さんの反応を見ていきます。

でも、暖かい反応に、ちょっと自信出てきました。

しかし、次はFoo Fightersの「All My Life」、どうかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの頭によぎるのは8年前のあの出来事

場所も高崎だし・・・。

だが、かぶり付きでこの写真を撮ってくれたゴンちゃんにアイコンタクトで勇気をもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の曲は「Learn To Fly」。

ここまでは平成の曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、主催のササケンさんに時間を伺う。

あと何分できますか。

もとよりワレワレの開始時間は45分押し、

しかもこのハコは10時以降は音出し禁とのこと。

その時点であと約10分、というご回答。

ササケンさんとのセッション入れて3曲はムリ、と判断し、

1曲端折って急遽、最後の曲「Brown Sugar」へ。

ツライところだが、時間を見るのはバンマスの役目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、後半、お客さんもノリノリで、大変イイ感じになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後はオファーをいただいたササケンさんと1曲セッション。

曲はあらかじめリクエストいただいた不朽の名曲「Jumping Jack Flash」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、曲目以外はリハーサルはおろか、いっさいの打ち合わせは無し。

えーと、キイはBでいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな感じでも、バッチリたのしめるのが、ロックンロールのイイところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、楽し ♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メールではやり取りしたけど、面と向かって話したことはなかったヒトでも、

こうやって、音楽でやり取りができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、このあと、ギターソロ弾いてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、イイっすねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これぞ、ロックンロール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで演奏できて、ヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サイコーだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はワタシがエクスプローラーのスイッチング奏法を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モヤモヤしながら演奏はじめたけど、

最後はその分余計にスカッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつも、女性ファンが駆けつける治之くんがウラヤマシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜか、ムカシからオレよりモテる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったら、今回は一緒に写真撮ってくださーいという女性が現れてカンゲキ。

(・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとステージは大トリのペパゴーヘ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しい、フィフティーズ、ロックンロール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちもプレッシャーから解放されてノリノリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、楽しい忘年会でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、そのあとは打ち上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスターにも感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しい友人もでき、大変充実した平成時代末でした。

 

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ