ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.02.11

C5-dips in 21th. SANO HEART ROCK FES (ライブ編)Part1

さて、ライブ編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず見たのは4番目登場「Never Satisfied」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーカルとギターの田上夫妻が中心の「陰陽座」のコピーバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベースは5弦、ギターは7弦(8弦だっけ?)な、多弦なバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その音世界は「無限」。

・・・・なんか、ウマイこと言ってるな、オレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏力もスバラシイが、この2人の夫婦漫才(?)も楽しめるという、お得なバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲の良いご夫婦でウラヤマシイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「日進月歩」。

オリジナル曲を演奏する若い子のバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベースとボーカルの女性2人が華やかで目を引きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードのお兄ちゃんもイカしてます。

バンド名の「日進月歩」、堅実なネーミングがイマドキの若者だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作詞作曲はこのギターの彼だそうで、ナカナカの才能なのでは。

でも現代のバンドやる若者は、やはりロックとまったく無縁なのですね。

時代は変わる・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次のバンド「NO LIFE ‘TIL LEATHER」は、

司会でバンド紹介をするため楽屋にお邪魔しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「メタリカ」のコピーバンド、メンバーは太田、高崎等群馬在住だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタルは得意分野ではありませんが、メタルバンドを見るのはとても楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッコいいとこ見せてやろう、っていうとこが好きです。

やっぱり、ロックはハッタリというかケレン味がキモでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはおなじみ「Power Puff Nori-P’s」ですが、

その次が出番のため、会場からステージは見られず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は「Koki METAL」の時のスーツで決めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このステージをソデから見てるワタシが盗撮されていた。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さていよいよ「C5-dips」の出番です。

このあと出る聖飢魔Ⅱのコピバン「G.G.G」のデーモン閣下に

おそれ多くも司会でバンド紹介をしていただきました。

この時点では首から上だけが「悪魔」状態です。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市民プラザから1週間なのでセットは半分以上が同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご容赦いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、2週連続でホールステージとはアリガタイ。

ドラムの中野くんが離脱したため、今回のドラムもシンちゃんにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中盤のオアシスは「Rock’roll Star」に差し替え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半はストーンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「Honky Tonk Women」は「王様」の直訳では「居酒屋の女」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラストは今回は「とんでるジャックの稲妻」ではなく

ワタシのTシャツのロゴにあるように

「王様」風に日本語でいえば「それは、単なるロックンロール」(笑)を演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ワタシは知っている。それが単なるロックンロールであることを。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「だが、ワタシはそれを好む。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 “I Know It’s Only Rock’roll,But I Like It.”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  なんとステキなフレーズでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場の皆さんにも歌っていただき感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気持ちよく演奏できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライブ編パート2へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ