ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.05.20

翼をください


空を飛ぶことは人間の古来からの夢である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥の様に大空を自由に飛べたら、どんなに素晴らしいことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ、それが、夢の中であっても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、昨夜、空を飛べるようになった夢を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなった状況はよくわからないが、

夢の中で、ある日突然ワタシは、空を飛ぶ能力を身につけていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その「飛行法」に問題があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が空を飛ぶスタイルというと、

スーパーマンやウルトラマンみたいに

手を上にあげてしゅーっと飛んでいくイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるいは両手を翼のように広げて

ゆるやかに羽ばたきながら滑空するイメージだったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、夢の中でワタシの獲得した飛び方は、

ちょうど平泳ぎのように両手両足をかきながら飛ぶ、というものであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも、がんばってかくと天井の高さくらいまではいけるが、

それ以上はどうやっても上がれず、

一生懸命かいてないと落ちてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 必死でかきまくるが、いや、疲れるのなんの・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 爽快感は、なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、せっかく空を飛ぶ夢を見たのだが、

朝起きたら、妙な疲労感が・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、人間は空を飛ぶようにはできていないのだ。(^^;

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ