ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.11.02

海堂効果

 今年の我が家のマイ・ブームは

(いや、個人ではないのでアワ・ブーム?

そもそもマイ・ブームはすでに死語?)

何と言っても、海堂尊である。

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書いたが、登場人物が別の話でもいろんな形で登場するので、

次々に読まなければならなくなり、

すっかり「海堂商法」にしてやられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻の読むスピードが速く、次々にアマゾンから本が来るので、

ワタシも頑張って、読んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくにいろんなシリーズに登場する「白鳥捜査官」のキャラが秀逸で、

頭のカタイお役人や、いけ好かない医者に対する、

彼の歯に衣着せない頭ごなしのモノ言いは、まことに痛快である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホント、融通の利かない役人とか、

アタマの悪い医者は、世の中にいっぱいいますからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、受診したおばあちゃん、

「熱が出て、ノドが死ぬほど痛かったんで、

近くの内科にすっ飛んでいったんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はいはい、それでなんて言われた?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「これは扁桃炎だね、といわれました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何か、検査しましたか?溶連菌とか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「インフルエンザの検査をして、出なかったので、この薬が出ました。」

と、出した紙には「クラリス4日分」と「解熱剤が1日3回」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思わず、言ってしまった。

「バッカじゃねえの。」(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかん、いかん。

海堂氏の一連の作品を読んでる方はワカルと思うが、

これはきっと「海堂効果、白鳥現象」だ。

ヤクザ映画見てきた人が、みんな広島弁になっちゃうみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世の中にはこの程度の医者がゴロゴロいるが、

思ったことを正直に口に出しては、イケナイ。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ