ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.07.22

大橋巨泉氏とその時代


 

 大橋巨泉氏が亡くなりました。

 

 

 

 

 

 

 82歳だそうです。

 

 

 

 

 

 

 ということはワタシより25歳年上ですね。

 

 

 

 

 

 

 氏のことを初めて認識したのは「巨泉・前武のゲバゲバ90分」(1969~1971)

 gebageba3

 

 

 

 

 

 コレはめちゃめちゃ面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小4のころ、ということはこのころ巨泉さんは35歳か。

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくそれま夢中になっていたドリフが、完全に時代遅れに見えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、色っぽいようなシーンもあってお茶の間で気まずい瞬間もあったけど、

 そこがまた思春期前期の子供にも魅力となった。

 (お色気シーンに登場してたのは、ジュディー・オングさんやうつみみどりさんだったりした。)

 gebageba_member

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとは、なんといっても「11PM」。

 mqdefault1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレは当然子供が見るべきではナイ番組であったが、また何とかしてみたい番組でもあった。

 mqdefaultmqdefault2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビの番組表を見て悶々としていたが、

 たまたま親父が遅い時間に風呂に入り、お袋がお勝手仕事をしてることがあると、

 チャンス、とばかりにこっそりチャンネルを回すのだが、

 そういうときに限って「ゴルフ」「釣り」「競馬」または「ジャズ」の内容だったりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが、釣り、競馬はもちろんゴルフも一切やらず、

 ジャズが好きではないのはひょっとして、この辺にルーツがあったりして・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、「クイズダービー」や「世界まるごとハウマッチ」はたまに見る程度であったが、

 ユーモアとインテリジェンスにあふれた司会っぷりは

 大橋巨泉氏はやはり多彩な人だなあ、という印象であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その後、セミリタイアと称して第一線を退かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら56歳の時でした。

 (オレも57歳になっちまったからそろそろ考えないと。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのセミリタイア後は、いろいろ大病もされたようだが、週刊誌のコラムなどを読むと、

 本当に頭のいい、スジのとおった「明確」なヒトだなあともわせる書きっぷりであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に最近は現自民党安倍政権の「右傾化」にたいへん危機を感じていたようで、

 巨泉さんはオレより25歳上なのでジャズマニアであるが、

 もし、時代がもっと後なら必ずロックを聴いてたであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くしくも永六輔さんと、数日の間で逝ってしまったのは、何か時代の流れを象徴しているようでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、個人的に最も印象に残っているこのCMをみて、ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ