ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.05

再び猛暑の消耗戦、引分けは拍手かな


灼熱の鹿島戦から中3日。

日曜日の午後7時キックオフのゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み中の日曜日の夕方、ということで

上り方面の渋滞はある程度予測して、早めに家を出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、館林インターから乗ったところで、いきなり渋滞にハマる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、羽生で事故らしい。

その先、岩槻手前でも事故があったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型連休や、夏休みは

普段クルマに乗らない人も高速道路を利用するので

普段より事故が多いが、

この日なんと、館林~岩槻間で5,6件の事故に遭遇。

ほとんどが、渋滞中の低速時に起きた事故らしく、大事故はなかったが、

大幅に時間がかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、早めに出たのが幸いし、時間は充分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに暮れなずむ時間帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズ・ワンダーランドへと足を踏み入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もバックアッパーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番安いし、見やすいので、もっぱらここです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日の相手は名古屋グランパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順位はレッズの一個下の10位で、勝ち点差は2。

ということは、負ければ順位がひっくり返る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、現在10試合連続勝ち星が無く、

最後に勝ったのは、5月12日のレッズ戦だとか・・・・(ーー;)

0-2で完敗した、あの試合か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこの暑さ。

ピッチ上は、さらにであろう。

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************

 2019年J1第21節

浦和レッズ  2-2   名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 1-2)

   (後半 1-0)

*********************************************************************************

 

 

 

 

 

前回、水曜日にレッズと熱戦を繰り広げた鹿島アントラーズは、

昨日のゲームで、格下湘南相手に敗戦している。

やはり、コンディション面で、水曜日に試合があったチームと

休養をとったチームの差は、大きいようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時6分キックオフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開始直後早々に、コーナーキックを与える。

そういえば、鹿島戦では試合開始直後のコーナーで

いきなりクロスバー直撃でヒヤリとしたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと思っていたら、そのコーナーキックをクリヤーしたボールから、

まさかの失点を許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、観客の中にも、試合観戦モードに入っていない人も多く、

なんだ、なんだという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時間の失点はマズイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、中3日のレッズの動きは重い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなうちに24分に2失点目を喫す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま、給水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋は10戦ぶりの勝ち試合の期待に元気いっぱい。

このまま、前半が終わるか、と思われた前半ロスタイム、

ゴール前の波状攻撃から武藤がクロス。

ファーサイドの興梠がヘッドを振り抜き1点を返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興梠慎三、今季9点目、あと1点でJリーグ記録となる8年連続2ケタゴールになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに、エース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、レッズも攻めるが、グランパスもきわどいシュートを放ち

何度か西川のファインセーブに救われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、猛暑のため選手のパフォーマンスは落ち、

ややオープンな展開に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの選手交代はまず60分橋岡に代え、山中。

山中は左サイドにはいり、関根が右にまわる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その6分後つづいて、柴戸に代え長澤を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに76分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファブリシオに代え、杉本健勇がトップに入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今日のMDPの表紙は彼だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、得点を奪えず、ロスタイムに。

4分か・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロスタイムにドラマは用意されていた。

4分のロスタイムの3分経過時、

左サイドの山中のクロスに走りこんだのは

右からの関根、これを狙いすましてヘッドで合わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールはネット吸い込まれ、同点に追いつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グランパスは前節もガンバ相手に1点リードで迎えたロスタイムに

同点弾を食らって、勝ち点3を逃したらしい。

こたえるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の残り1分でレッズは猛攻を仕掛けるが、あと一歩及ばず。

最後山中のシュートはゴールをそれた。

レッズの得点は、前後半ともロスタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホイッスルとともにピッチに倒れこむ選手たち。

この猛暑の中の試合の消耗度を物語る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合であったかもしれないが、

この過酷なコンディションの中、最後までファイトした選手には拍手を送りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回短いインターバルで5日間のうちに2回現地観戦したわけだが、

今後はスケジュールの関係で、

すくなくとも9月末まではもう見に行ける試合はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日のリーグ戦や、火曜日のカップ戦はホントやめてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に現地で見られるのはいつになるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ