ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.01.30

今日は何の日?

 1969年1月30日、今からちょうど50年前の今日、

ロック史上もっとも有名なコンサートのひとつが行われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのライブを実際に生で見た人は、極めて少ないけれども、

そのライブ映像を見たり、聴いたりした人の数をカウントすると

ライブとしては地球上では最多かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それがロンドンのアップルビル本社屋上で行われた、

ザ・ビートルズ最後のライブ、

いわゆる「ルーフトップ・コンサート」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画「レット・イット・ビー」のラストシーンの撮影目的で、

予告なしに行われた「ゲリラ・ライブ」は、

期待通り(?)に警官隊に阻止されて終わるが、

演奏自体は47分ほどだったという。

ただし、資料によれば、コンサート、というよりは、

「音出し」であり、「ゲット・バック」はリハを含めて4、5回、

「ドント・レット・ミーダウン」「アイヴ・ガッタ・フィーリング」が2回ずつのほか、

鼻歌や、断片的な曲も含まれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏は正午過ぎの昼休みどきであったが、

1月30日のロンドンは冷え込み、気温わずか2℃程度だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 反体制のロック・バンドたるザ・ビートルズの

実にカッコイイ、ラストライブだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今だったら、スマホで動画撮って、ばんばんYouTubeにアップされてたかもだが、

当時は、そんなものは無くバルコニーからでもそのライブを見た人は、

末代までの自慢だったろうなー。

もっとも最近は、バンドやってる子でもビートルズ聴いたことが無い、

という若者もいるみたいですが。

 

 

 

 


コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ