ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2011.02.10

今年もおぐじびフットサル、開幕です


 朝、あんなに激しく降っていた雪だが
天気は急速に回復し、積もった雪もあっという間に溶けてなくなった。
 FCポルトが優勝した時のトヨタカップみたいになるかと思ったが、123-11_convert_20110210202040.jpg
夜7時、フットエナジーのコートは完全にドライ。
 着いてみると、我々の前に子供のフットサル大会でもあったらしく、
幼稚園~小学校低学年のチビッ子と若いお母さん方でいっぱいだった。
 しかし、サムイ。
 昼は気温が上がったのに、またこの寒さは何だ。
 風もビュービュー吹いている。
 子供は風の子だがジジイにはキツイなあ。
 そんな中、本年の「おぐじびフットサル」は開幕した。
 ともかく寒いのでじっとしていると耐えられない。
 かといって、走ってるとすぐ疲れて息が上がる。
 まさに進むも地獄、退くも地獄の展開なのだ。
(それほどのもんかい。)
 休憩を挟んで、後半戦を開始しようとすると、
オメプラール千葉がいない。
 「あいつ、どこ行ってんだ。」
 「そこらへんでくたばってるのかも。」
 「呼吸が苦しくて アドエア シムビコートでも吸ってんじゃねえの。」
 「いやいや、さっきの若いお母さんについてちゃったのかも。」
 などと勝手な事を言ってたが、実は脚がつって休んでたらしい。
 若いくせに軟弱な。
 後半戦、私とヒデ長崎、ブラックジャック亀井のドクターチームが
怒涛の攻撃で有利に試合を勧める。
 なんか、医者、元気だなあ。
 そんな中、後方から味方を鼓舞する相手チームのメタボ高橋。
「ほれっ、もっと走れ、走れ。」
 自分はほとんど動かない。
「時間がねえんだ、負けてんだぞ。」
 自分が何かするわけではない。
「ほれっ、攻めろ、攻めろ、全員総攻撃だ。」
それを、
「ラインを上げて、パワープレーだ。」
と、パナソニック松下が、サッカー用語に翻訳して味方に伝える。
「ほら、そこ、そこ、ダンゴになるな。」
 言ってる本人が単体で「ダンゴ」である。
 ところがその後、オグラが空振りして決定機を外し、
ヒデ長崎のシュートがことごとくポストを叩くうちに
6-6の同点になってしまった。
 しかし、最後、ブラックジャック亀井が勝ち越し弾を決め、
7-6となった。
「いやあ、いい試合だったな。」
 いや高橋さん、まだ試合終わってないけど、残り3分もあるぞ。
さっき、時間が無いといってた割に諦め早過ぎ。
 でも、このまま試合は終わり、
寒風の中の開幕戦は無事終了。
 しかし、最後はオレも足がつっていた。
 皆さん、風邪ひかなかったでしょうか。
 今年もよろしくお願いします。
 
P2090002_convert_20110210134018.jpg
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。


コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ