ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.10.18

上海上港を下し、10年ぶりの決勝へ


 

 さて、水曜日はアジアチャンピオンズリーグ準決勝第2戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点でルヴァンカップ、天皇杯は敗退し、

リーグ優勝の可能性も無くなった浦和レッズにとって、

残された最後にして最大のタイトル奪取の可能性がかかる大一番である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この日、ワタシは東京の病院で人間ドックの健診日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京から電車で埼玉スタジアム入りも考えたが、

試合が延長、PK戦にまでなった場合、終電が無くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かといって、都内までクルマでいって朝の渋滞を抜け、

駐車場を探し、時間までに病院にたどり着く自信がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、電車で往復し足利まで戻って、

クルマで取って返したのではキックオフに間に合わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、一計を案じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、朝クルマで館林駅まで行き、そこにクルマを置いて、電車で東京へ。

帰りは館林まで戻ってクルマで館林インターから埼スタへ。

これで、1時間近い時短ができ、

キックオフに充分間に合うはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、朝、クルマで館林。

駅のすぐ前のパーキングに駐車することに成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、電車で東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドックが終わり、帰り道でトンカツを食べて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 館林に戻ったのが、午後6時。

通常ここからは、1時間はかからないので、

7時半のキックオフには楽々間に合うはずであったが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高速でまさかの渋滞があり、駐車場についたのが7時25分。

完璧な計画だと思ったのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 速足でスタジアムに向かう。

徐々に歓声が聞こえてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手荷物検査でゲートを通るころ、ひときわ大きな歓声が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、それに続いてアナウンス。

「ただ今のゴールは浦和レッドダイヤモンズ背番号8、

ラファエルシルバ選手のゴールでした。」

ありゃま、間に合わんかった。

 

******************************************************************************************************************

ACL準決勝第2戦

浦和レッズ    1-0     上海上港 (埼玉スタジアム2002)

     (前半 1-0)

     (後半 0-0)

******************************************************************************************************************

 てなわけで、スタジアムの席に着いたらこの状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ここ最近の悪癖である開始早々に失点する、のではなく、

得点したので良かったけど、まだまだ、勝負はこれからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1戦が1-1だったので、このままならもちろん勝ち抜けだが、

1点取られたら延長に持ち込まれる。

それにしても、この席、この「ワク」がやたら見にくいなあ・・・。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上海上港サポは中国からなので、もっといっぱい来てるかと思いきや、

こんなものですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先制したレッズは守備に重心を置き、集中して守る。

とくにフッキに関しては槙野が良い対応をしていたが、

2人目、3人目の守備のサポートも良くできていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ファウルしちゃうと

このへんのフリーキックでも十分決めてくるのでコワイコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、1-0で終了。

ハーフタイムにコンコースに行くと、・・・・

くそー、マッチデーも完売かよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半前、コールリーダーが呼びかけ、みんな立ち上がって声援。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに勝負はここからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半の選手入場に合わせ大旗が出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半もレッズの集中は途切れない。

攻めを受けながらもコーナーやカウンターで得点を狙う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 68分、ラファエルシルバに代えてズラタン投入。

たしかにこの時間帯は守備をあまりしないラファエルシルバよりは、

前線でタメを作れるズラタンの方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 78分、フッキの強烈なシュートを西川がはじいたところに、

エウケソンがつめてあわやと思ったが、これも西川が体でセーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の入場者数。

平日水曜日のナイトゲームとしてかなりはいったのではないでしょうか。

今度のリーグ戦、何人はいるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに82分、柏木に代えて梅崎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイム4分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに93分には3枚目のカードもきり、興梠に代え、李忠成。

梅崎といい、李忠成といい、

この時間にファイタータイプの選手を投入する堀監督の采配は好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、歓喜のホイッスル。

爆買いタレント軍団の猛攻を、0点に抑え、

レッズが、1-0で勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トータルスコア2-1で10年ぶりにアジアチャンピオンズリーグの決勝に進出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、印象から言うと川崎フロンターレの方が強かったし、

試合展開も劇的であったので、正直、感動はあの時の方が大きかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、ここまで来たからには、絶対優勝しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、今、鹿島アントラーズには勝てる気があまりしないが、

サウジアラビアのチームには勝てそうな気がするのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. あなたのコメント  いや~ナイスゲームでした。TV観戦でしたが15番長澤選手がかなり頑張っていたように感じました。攻め上がらない槙野もナイスでした。息子も北ゴール裏で観戦していたようで羨ましい限りです。アジアで1番大きいタイトルをとりユニの胸に大きい2つ星付けたいですねー。

  2. […]  この手で2年前はアジアチャンピオンズリーグの決勝進出を決めたので、 […]

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ