ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2013.03.20

プラス1?マイナス2?



 ブログの更新がなかなかできず、
やっと土曜日のレポートである。
 実は土、日、月、火と仕事で
やっと今日はお休み。
 この間の日曜日は休日当番医で、
日赤のところの急患診療所に朝から夕方まで勤務。
インフルエンザがまだまだ多くてビックリした。
(しかし、この1週間は急患診療所でインフルエンザゼロだった
というので、なんなんだ、という感じだが・・・・。)


 2013J1第3節
 大分トリニータ    2-2    浦和レッズ  (大分銀行ドーム)
        (前半  2-2)
        (後半  0-0)


 久々にJ1復帰の大分、
九州石油ドームはいつの間にか大分銀行ドームになっていた。
 大分なんて、別府や湯布院もあるし、
アウェイで行ってみたい土地の一つだが、
土曜開催ではちと無理。
 J1開幕以降、公式戦3連勝と好調のレッズ、
一方J1復帰後未勝利の大分、
      
 世間一般にはレッズ楽勝と思うのだが、
年季の入ったレッズサポはそうは思わない。
 こーゆーパターンで弱いレッズ。
 案の定(?)開始早々にみっともないミスから
立て続けに2失点。
 あーーーーー、やってもうたーーー。
 レッズの一つの「負けパターン」である。
 これで、後半にようやく1点返すが、
その後の1点が取れず負け、というシナリオだ。
 しかし、今回は前半のうちに同点に追いついたので、
お、これは勝てるかも、と思ったが・・・・。
 クロスバー、相手キーパーのスーパーセーブ、幻のPK、
そして、コーロギくんのあの一発・・・・。
 やはり、まだレッズに来てゴールをあげてない、
早く1点取らねばというプレッシャーが
絶好の決定機を決められない要因だったのか。
 それともまだ、コーロギ、冬眠中か。
 実は、今期ワタシが最も期待してるのは
ほかならぬ興梠くんで、是非得点を量産してほしいと思ってるし、
鹿島戦でのゴールなんか、もろ期待しちゃってる。
 実際に動きも良く、ポストがきちっとおさまりさばきもウマイ。
 レッズ好調の大きな要因だと思うが
やはりフォワードは得点という「結果」が重要視される。
 早く1点取ってすっきりしてのびのびやってほしい。
 くれぐれも鳴り物入りでレッズ移籍後得点が取れず
輝きを失ってしまった「タ○ハラ」選手の轍を踏まぬよう。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。


コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ