ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.13

ダグラス・ワールドクルーザー

ダグラス・ワールド・クルーザーは1924年に

はじめて世界一周を達成した航空機です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダグラス社の雷撃機DTを改造して製作された5機のうち

1号機からボストン、シカゴ、シアトル、ニューオリンズと名付けられた4機が

アメリカ、シアトルから東回りで出発し、

ボストン号、シアトル号は脱落したが、

2号機シカゴ号、4号機ニューオリンズ号の2機が

175日かけて44342㎞の大飛行を成功させました。

今回はその「ニューオリンズ」号を作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットはウイリアムブラザーズというアメリカのメーカー。

それほど多くの製品はなく、機種選択は、どれもマニアックすぎるので有名(?)な

「ド・マイナー」メーカーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつ買ったんだろうなあ、少なくとも20年以上前だと思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 非常に資料性の高い説明書。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウインドシールドは塩ビ板がセロテープで説明書にはりつけてある。

これを加工して作れと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエンジン、ラジエーターグリルグリルが自動車と同じ形で

機種にドカーンとある。

排気管といい、エンジン本体も車のエンジンみたいな形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部品点数は少ないが、複葉機はこの「張り線」がメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単発の複葉機としては、かなり大型。

1930年のイギリスの戦闘機「ホーカー・フューリー」との比較。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1935年の「グロスター・グタディエイタ―」との比較。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1933年の「カーチス・シーガル」は複座だが、それでもこの程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このオープンコックピットで世界一周したわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロペラなんか木で出来てるわけで。

木の質感、出てるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飛行機が「冒険」だった時代のロマンを感じちゃうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ