ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.03.16

アレルギーに対する、学校、保育園の対応

 花粉症今年は、相当ヒドイと見え、

連日200人ペースだったのが、今週になり250人ペースになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パソコンの待ち人数を見ると、もうここから逃げ出したい気が1日に何回も起きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日も、重症の子供の保育園の先生あてに外遊び禁止の手紙を書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食物アレルギーに関しては最近学校、幼稚園関係者の関心がようやく高まり、

抗原除去食などの配慮がされてきていますが、

花粉症に関してそのような配慮をしている施設はほぼ皆無なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の健康に責任がある教育施設としては

誠に問題あり、といわざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、小麦アレルギーの子に小麦を食べさせないと同じように、

重症のスギ花粉の子供には外遊びを禁止させてあげてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お別れ遠足と称して野山を歩くのも何とかなりませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 卒園式、卒業式を体育館ではなく、校庭でやるのはやめてほしい。

学校側の都合で校庭で行う場合は、学校側がマスクを用意して

花粉症の生徒には式のあいだじゅうマスク着用の指導は徹底させてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日、土曜日、また何通もの手紙を書かねばならなくなりそうです。

 

 


3件のコメント

コメント/トラックバック (3件)トラックバック用URL:

  1. 隣県の耳鼻科医です。
    先生も小生もそうですが、お互い地獄のような土曜日の外来が終わって平穏な日曜の朝を迎えておられるのではとお察し申し上げます。
    先生の仰る通り、春の外遊びは危険ですね。
    野球やサッカーの屋外競技の選手も花粉に暴露されていて大変そう。
    顔面皮膚が粗雑になって眼瞼から結膜に浮腫が生じてているヒトが大挙来院しています。
    反則とは思いつつステロイドを使わないとどうしようもない患者さんが多いです。
    いつぞや先生がお書きになったように車の換気は車内循環にして、更には各家庭に空気清浄機は
    いまや必須のようです。クリニックでは待合と診察室に各2台。我が家も居間、寝室に設置してますが
    嫁さんのひどい花粉症が軽快しています。
    いまや空気もお金を出して買うというか手入れをする時代ですね。

  2. 追加です。
    私も学校からくるアレルギーの調査診断書に花粉症時期の外遊びは禁と書こうかなと思い始めています。

  3. コメントありがとうございます。
    まったく今年の花粉はヒドイです。
    今でこそインフルエンザ流行時の学級閉鎖は当たり前になっていますが、
    10年前はなかなかそこまでしてくれず、
    学校側は1時間遅れの登校などと意味のない対応しかしてませんでした。
    花粉症もワレワレがよっぽど声を上げていかないとなかなか動かないでしょうね。
    学校とお役所は頭の固いヒトの集まりですので。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ