ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.10.03

アジアでは別の顔


2年前は試合に遅刻したが、今回は大丈夫。

過去の失敗経験は常に次回に生かされる。

人生において大事なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間は10月とは思えないほど暑かったが、日が暮れるとひんやり秋の風。

秋の宵、ススキと月と埼スタと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待と不安を抱いてスタジアムに向かう人の波。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーグ戦の優勝、ACL圏内の3位以内はすでに遠く、

いまだ残留争いからは、脱出できず、

ルヴァンカップも、天皇杯も敗退した今、

粉々になりそうな浦和サポーターのプライドをかろうじてつなぎとめているのが、

このアジアチャンピオンズリーグである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中北千住駅で買った、レンコン包み揚げフライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手入場に合わせて、バックスタンドでは大旗展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの席より下層のお客さんはすっぽり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間にゴール裏ではコレオグラフィーを披露。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、大旗の下の人は見られない。

展開したサポーターグループのスタッフは写真撮ってるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 円陣が解けたころやっと旗が下がります。

プハーッて感じ?

 

 

 

 

 

*********************************************************************************************

2019アジアチャンピオンズリーグ準決勝第1戦

浦和レッズ   2-0    広州恒大 (埼玉スタジアム2002)

    (前半 1-0)

    (後半 1-0)

*********************************************************************************************

 準決勝の相手は、準々決勝と同じ中国の広州恒大。

準々決勝で鹿島アントラーズを破って勝ちあがってきた。

レッズが勝った上海上港はアジアチャンピオンズリーグの優勝経験はないが、

この広州恒大はレッズと同じく2度のアジア制覇を成し遂げている。

しかも今も中国の国内リーグは首位らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上海上港よりかなり多くのサポーター。

アウェイユニは黄色だが、チームカラーはこれまた赤らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、試合はともに失点をしたくない両チームの様子見で始まるが、

次第にレッズの気迫が広州恒大を圧倒していく。

相次いで、得点をにおわせるシーンを作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんななか、19分にファブリシオの見事なミドルシュートが決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 欲しかった先制点でゲームの流れを更に引き寄せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前から思うのだが、この埼玉スタジアムのサポーターが醸し出す雰囲気は、

海外のチームにとってはかなりのプレッシャーになるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国内では浦和レッズが、応援はすごいけれど

実は勝負弱いことは相手チームも知っているので、

サポーターのこけおどしにはビビらないが、

海外のチームに対しては、ヨーロッパのトップチームのような強豪、

という(誤った)印象を与えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半もレッズは集中を切らさず、押し気味にゲームを進める。

なんでこれが国内リーグでできないのかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンチもあったが、しのいで75分、待望の追加点が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コーナーキックのこぼれ球を回収した関根が、思い切りよくシュート。

鋭い弾道のミドルシュートが相手ゴールに突き刺さった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節のような後半の失速もなく、守り切るかと思ったが、

カウンターから失点。

ああー、またか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思ったら、これがオフサイドでノーゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はこのまま終了し、準決勝第1戦は2-0で勝利。

これは公式戦11戦ぶりの勝利、となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2戦は10月23日だが、この試合引き分け以上、

負けても1点差ならば決勝進出が決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ナゼにアジアでこんなに強いのか。

もし、鹿島アントラーズが勝ち上がってきたら

ゼッタイこうはいかなかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道、けっこう中国人サポーターが多いのに驚く。

赤いレプリカなので分かりにくいが、やたら大声でしゃべるのでそれと分かる。

それにしても、0-2で負けたのにみんな意外と明るくしゃべってるんだよねー、

なんなんだろう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ