ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.07.14

「誤審」2発で負け


 今日の対戦は現在リーグ2位、

今季ホーム負けなし、今年のホームゲームでは0-3で完敗した

横浜Fマリノスとのアウェイゲーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビ中継はないので、DAZNでした。

**********************************************************************************************

2019年J1第19節

横浜Fマリノス  3-1   浦和レッズ (日産スタジアム)

   (前半  1-0)

   (後半  2-1)

**********************************************************************************************

 首位争いをするチームの好調さを示すように、

なめらかなパスワークでポゼッションをするマリノス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボール支配率は数字上は6割ちょっとだが、

見た目には8:2くらいでボールをキープされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自陣に押し込まれ、ほとんど攻撃することのできないレッズだが、

最終ラインで何とかしのぎ、失点を許さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この展開で、0-0ならば、レッズの優位ともいえる。

事実、31分にはカウンターから

左サイドのファブリシオが素早くゴール前に供給したボールが

相手ディフェンダーのあわやオウンゴールになりかけた。

ボールはクロスバーを叩き、ゴールはならなかったが、

この時点で横浜Fマリノスのシュート12本に対し、浦和は0。

シュート数0対12で先制したら痛快だったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、38分、攻めあがろうとした右サイド橋岡が、

ボール処理を誤って、いきなりすべって、コケた。

これを、パス1本でゴール前につながれて、失点。

いらぬ失点をしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半にはトンデモナイことが待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズが、少しずつ攻撃の糸口を見出し始めた後半15分、

マリノスの右サイドからのシュート気味のクロスが、

ゴール前に飛び込んだ、レッズ宇賀神とマリノス仲川に当たってゴール。

これが宇賀神にあたったのならオウンゴール、

仲川ならばポジションはオフサイドであったが、

なぜか松尾主審の判定は仲川のゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、判定が二転して、ゴールは一時オフサイドでノーゴールになり、

ボールがセンターサークルから西川のところに戻されたが、

再び、ゴールインの判定になった。

この間約8分間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リプレイで見れば、ボールはマリノスの仲川にあたっており

明らかなオフサイドである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-2となったが、その後もレッズはあきらめず、

後半24分、宇賀神のシュート性のボールが相手ディフェンダーにあたり

オウンゴール。

これで1-2になった。

思い出される湘南ベルマーレとの一戦。

レッズは逆の立場で逆転負けをした。

今回はその裏返しを、とおもったが、

そのレッズの思いを断ち切ったのは、またまた誤審であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半41分、レッズペナルティーエリア内で、

相手のシュートブロックに行った岩波がハンドをとられる。

しかし、リプレイで見ると、これは手ではなく顔面、顎あたりにボールが当たっている。

抗議もむなしく、PK決められ、1-3。

反撃の目も詰まれ、黒星を喫した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの、誤審による2失点が無ければ1-1のドローであった。

しかし、試合はひっくり返らない。

F1だと、レース後の裁定で、レース終了後に5秒ペナルティとか

優勝取り消し、なんてことはあるんだけど。

やっぱ、VARはあった方が良いでしょう。

コパ・アメリカでもビデオ判定してましたし。

これを機会に、Jリーグでの導入が進むと思う。

 

今回、公式ハイライトでは、

肝心な部分はやはり流されてますねー。(ーー;)

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ